ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 高齢者福祉 > 高齢・福祉 > 権利擁護・成年後見制度 > 成年後見制度ハンドブック(成年後見制度の利用の方法等)

本文

ページ番号:0000006063更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

成年後見制度ハンドブック(成年後見制度の利用の方法等)

 認知症、知的障害、精神障害などにより、判断能力が十分でない人は、不動産や預貯金などの財産管理、介護などのサービスや施設への入所に関する契約締結、遺産分割協議などを、自分で行うことが困難な場合があります。また、自分に不利益な契約でも、よく判断ができずに契約を結んでしまい悪質商法の被害にあうおそれもあります。
 このような人の権利、財産を保護し、安心して生活できるよう支援するのが 「成年後見制度」です。

 広島市・広島市社会福祉協議会では、これから成年後見制度の利用を考えている人や支援に携わる人などの参考になるよう、成年後見制度の利用の方法や事例等を掲載した 「~あなたの暮らしを守る~成年後見制度ハンドブック」を作成しました。
 ダウンロードして御活用ください。

成年後見制度ハンドブック表紙

 ハンドブック内の資料集(単一ページ)は、こちらからダウンロードできます。

お問い合わせ

健康福祉局 高齢福祉部 高齢福祉課 福祉係

電話: 082-504-2145
Fax: 082-504-2136
メール: korei@city.hiroshima.jp

健康福祉局 障害福祉部 障害自立支援課

電話: 082-504-2148
Fax: 082-504-2256
メール:jiritsu@city.hiroshima.jp

健康福祉局 障害福祉部 精神保健福祉課

電話: 082-504-2228
Fax: 082-504-2256
メール: seishin@city.hiroshima.jp

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)