ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろまる > 0歳 > 新生児について > 新生児期(生後約4週間まで)に気をつけたいこと

本文

新生児期(生後約4週間まで)に気をつけたいこと

<外部リンク>
このページを印刷 印刷用ページを表示する通常ページへ戻る

生まれて約4週間、特に最初の2週間は、赤ちゃんがお母さんの体内とはまったく違う環境の中で、自分の力で発育していくことに慣れる大切な時期です。
下記のような注意をしながら、赤ちゃんが母体を離れての生活に無理なく慣れ、人生の第一歩を踏み出せるようにしましょう。

赤ちゃんが過ごす場所

生まれたばかりの赤ちゃんは、乳を飲むとき以外はほとんど眠っています。清潔で静かな場所に、ゆったりと寝かせましょう。
また、医学的な理由で医師からうつぶせ寝をすすめられている場合以外は、赤ちゃんの顔が見えるあお向けに寝かせるようにしましょう。また、なるべく赤ちゃんを一人にしないようにしましょう。乳幼児突然死症候群(SIDS)や窒息、誤飲、けがなどの事故を未然に防ぐことにもつながります。

保温

赤ちゃんは、まだ、自分で体温を調節することがうまくできないので、部屋の温度はなるべく20℃以下にならないようにしましょう。
室内の換気をして空気を新鮮に保ちましょう。

母乳

母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養です。母乳栄養は赤ちゃんの病気を防ぎ、赤ちゃんとお母さんのきずなを強くします。特に初乳は赤ちゃんが初めて口にする食物としてかけがえのないものですから、ぜひ与えたいものです。順調に出るまで、1か月~2か月かかることもありますが、あせらず与えていきましょう。

母乳が足りない時やお母さんの病気、薬の影響を考慮する必要があるときは医師、助産師などに相談し、粉ミルクで補いましょう。

授乳中はテレビなどを消して、ゆったりした気持ちで赤ちゃんと向き合いましょう。

清潔

赤ちゃんの世話をする前に手を洗い、寝具、衣類、おむつはいつも清潔に保ちましょう。また、毎日沐浴を行い、皮膚を清潔に保ちましょう。かぜをひいた人が赤ちゃんに近づいたり、抱いたりしないなどの注意も大切です。