ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けましょう!
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 予防医療・予防接種 > ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けましょう!
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 子育て > 乳幼児健診・予防接種 > ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けましょう!

本文

ページ番号:0000002959更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの接種を受けましょう!

ヒブワクチンの供給遅延の解消について

令和2年2月25日、厚生労働省からヒブワクチンの供給遅延の解消について通知がありました。

【概要】
〇令和2年1月27日に厚生労働省から、ワクチンの添付溶剤が充填されたシリンジ容器の針に錆が発生した事例があり、調査等のため、ヒブワクチンの供給が一時的に難しくなる旨の通知があったが、このたび調査が終了し、供給遅延が解消される見込みとなった。

〇製造販売業者の調査の結果、シリンジ容器の製造等に問題は認められなかった。

〇今後、十分な量のワクチンが供給される見込みである。


本市においてもワクチン不足の状況となり、市民の皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。
引き続き、定期予防接種の実施について、ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

乾燥ヘモフィルスb型ワクチン(破傷風トキソイド結合体)(販売名:アクトヒブ)の供給遅延の解消について(令和2年2月25日 厚生労働省通知) [PDFファイル/204KB]

 

ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンについて

 細菌性髄膜炎は、ヒブ(インフルエンザ菌b型:Hib)や肺炎球菌などの細菌が、脳や脊髄を包む髄膜に入り込んでおこる病気で、命を落としたり、重い後遺症が残ったりすることもあります。
 はじめの症状が発熱や嘔吐などで、かぜと区別がつきにくいので、早い段階で診断することが難しい病気です。

 平成25年4月から、これらのワクチンの接種が予防接種法に基づく定期予防接種になりました。
 それぞれのワクチンの受け方を確認し、接種スケジュールのとおりに接種を受けましょう。
 接種年齢及び接種間隔を守れなかった場合は定期接種の対象にならず、有料となります。接種を忘れないように受けましょう。

 ヒブワクチンまたは小児用肺炎球菌ワクチンを接種した後に、ほかのワクチンを接種する場合は、6日以上の間隔をあける必要があります。
 ただし、医師が必要と判断した場合は、他のワクチンと同時に接種することもできます。接種医と相談の上、接種スケジュールを決めてください。

 ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・4種混合ワクチンは、接種する時期が近く、回数も多いため、スケジュール管理を確実に行いましょう。

ヒブワクチンの接種の受け方

対象年齢

 生後2か月から5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)

接種スケジュール

このワクチンは接種開始時期により、接種回数が異なりますので、お気をつけください。

接種開始時期

接種回数

接種の受け方

備考

生後2か月から生後7か月に至るまで

4回
(初回3回、追加1回)

初回
(3回)

生後12か月に至るまでに、27日(医師が必要と認めた場合は20~26日も可)以上の間隔をおいて3回接種。
  • なるべく2~6か月齢で接種を開始しましょう。
  • 2~11か月齢で接種を開始し、初回接種を終了せずに生後12か月を超えた場合は、最後の接種から27日(医師が必要と認めた場合は20~26日も可)以上の間隔をおいて1回接種し、追加接種とする。

追加

初回接種終了後7か月以上の間隔をおいて1回接種。

生後7か月に至った日の翌日から生後12か月に至るまで

3回
(初回2回、追加1回)

初回
(2回)

生後12か月に至るまでに、27日(医師が必要と認めた場合は20~26日も可)の間隔をおいて2回接種。

追加

初回接種終了後7か月以上の間隔をおいて1回接種。

生後12か月に至った日の翌日から生後60か月に至るまで

1回

1回接種

ヒブワクチン

※1 「27日以上の間隔をおいて」とは、接種した日の4週間後の同じ曜日以降に接種します。

※2 「7か月以上の間隔をおいて」とは、接種した日の7か月後の同日以降に接種します。

小児用肺炎球菌ワクチンの接種の受け方

対象年齢

 生後2か月から5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)

接種スケジュール

このワクチンは接種開始時期により、接種回数が異なりますので、お気をつけください。

接種開始時期

接種回数

接種の受け方

備考

生後2か月から生後7か月に至るまで

4回
(初回3回、追加1回)

初回
(3回)

生後24か月に至るまでに、27日以上の間隔をおいて3回接種。ただし、生後12か月を超えて2回目を接種した場合は3回目を接種しない。

なるべく2~6か月齢で接種を開始しましょう。

追加

初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後で、生後12か月に至った日以降に1回接種。

生後7か月に至った日の翌日から生後12か月に至るまで

3回
(初回2回、追加1回)

初回
(2回)

生後24か月に至るまでに、27日以上の間隔をおいて2回接種。

追加

初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後で、生後12か月に至った日以降に1回接種。

生後12か月に至った日の翌日から生後24か月に至るまで

2回

60日以上の間隔をおいて2回接種。

生後24か月に至った日の翌日から生後60か月に至るまで

1回

1回接種

小児用肺炎球菌ワクチン

接種できるところ

かかりつけ医やお近くの医療機関

※ 事前に予約が必要な場合がありますので、医療機関にご確認ください。

※ 広島市外の医療機関で接種を希望される方は、接種前にお住まいの区の保健センターにお問い合わせください。
各区の保健センターの所在地と連絡先

ワクチン接種時に医療機関に持っていくもの(忘れたら接種できません)

  • 母子健康手帳
  • 接種を受ける人の住所・生年月日を確認できるもの(健康保険証など)
    ※接種券は医療機関にあります。

接種スケジュールについて

スケジュールをしっかり管理し、定められた接種間隔を守りましょう。

 定められた接種期間に定められた接種方法で接種を受けていない場合、無料での接種とならない上、万一、接種による健康被害が発生したときに、定期予防接種とみなされず、予防接種法の救済対象とならない場合があります。

各区の保健センターの所在地と連絡先

名称

所在地

電話番号

中保健センター健康長寿課(中区地域福祉センター内) 大手町4-1-1 504-2528
東保健センター地域支えあい課(東区総合福祉センター内) 東蟹屋町9-34 568-7729
南保健センター健康長寿課(南区役所別館内) 皆実町1-4-46 250-4108
西保健センター健康長寿課(西区地域福祉センター内) 福島町2-24-1 294-6235
安佐南保健センター健康長寿課(安佐南区総合福祉センター内) 中須1-38-13 831-4942
安佐北保健センター健康長寿課(安佐北区総合福祉センター内) 可部3-19-22 819-0586
安芸保健センター健康長寿課(安芸区総合福祉センター内) 船越南3-2-16 821-2809
佐伯保健センター健康長寿課(佐伯区役所別館内) 海老園1-4-5 943-9731

関連情報

子どもの予防接種について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)