ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 保険年金課 > 後期高齢者医療制度における窓口負担割合の見直し等

本文

ページ番号:0000265687更新日:2022年7月15日更新印刷ページ表示

後期高齢者医療制度における窓口負担割合の見直し等

1 窓口負担割合(病院等での窓口負担)の見直しについて

 令和4年10月1日から、一定以上の所得のある方(75歳以上の方等)の医療費の窓口負担割合が変わります。

 詳細は、広島県後期高齢者医療広域連合ホームページ(「窓口負担割合の見直しについて」)<外部リンク>をご覧ください。

 

 【お問い合わせ先】

 制度改正の趣旨などに関する質問を受け付けるためのコールセンターを開設しています。

  後期高齢者窓口負担割合コールセンター

  電話番号 0120-002-719

  受付日時 月曜日から土曜日(日曜日・祝日は休業)9時00分~18時00分

  

2 被保険者証の有効期限について

 被保険者証は、通常、8月に1年間有効なものをお送りしていますが、今年は2回お送りします。

 医療機関などに行かれる場合には、有効期限に注意して使用してください。

 
区分 届く時期 有効期限と一部負担金の割合
1回目 7月末までに届きます

令和4年8月1日(月)~令和4年9月30日(金)

「1割」か「3割」

2回目 9月末までに届きます

令和4年10月1日(土)~令和5年7月31日(月)

「1割」か「2割」か「3割」

※上記の時期までに届かない場合は、お住まいの区の福祉課高齢介護係にお問い合わせください。

※古くなった被保険者証は、責任をもって破棄するか、お住まいの区の福祉課高齢介護係に返却してください。

 

関連情報

各区福祉課所在地一覧表