ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 N11a19-01 イチョウ(英名:Ginkgo tree 学名:Ginkgo biloba)

本文

ページ番号:0000009986更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 N11a19-01 イチョウ(英名:Ginkgo tree 学名:Ginkgo biloba)

イチョウ

爆心地からの距離:1,120m 所在地:広島市中区寺町3-3(報専坊境内)

報専坊の正面玄関前には爆心地から1,120mで被爆したイチョウがあります。
幹の爆心地方向(正面道路から向かってやや左より)には被爆による傷痕があり、その方向にわずかに傾いています。
1994年に新しい本堂を建立するにあたり、このイチョウを残したいという思いから、木を包み込むような階段が作られました。階段には、イチョウのための通気口が設けられています。毎年、小ぶりな銀杏をたくさん実らせます。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp