ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 39旧雑魚場町地区周辺

本文

ページ番号:0000009330更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

39旧雑魚場町地区周辺

原爆被災説明板(旧雑魚場町地区周辺)の写真

原爆被災説明板 --旧雑魚場町地区周辺--

設置場所 : 中区国泰寺町一丁目(国泰寺高等学校内)
爆心地から約1.1キロメートル

第二次世界大戦末期、空襲による建物の延焼を防ぐ目的で、木造家屋を解体する建物疎開が各地で実施されました。この作業には、隣組や職場の人たちで組織された義勇隊をはじめ、数多くの国民学校や女学校、旧制中学校の学徒も動員されました。原爆が投下された1945(昭和20)年8月6日、この雑魚場町地区(現在の国泰寺町一丁目)では約2,500名の生徒たちが作業に従事していましたが、その多くが痛ましい犠牲者となりました。

写真説明:市立浅野図書館屋上から旧雑魚場町の県立第一・第三中学校を望む 米軍 ピーターソン氏撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp