ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000009307更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

23広島貯金支局

原爆被災説明板(郵便貯金支局)の写真

原爆被災説明板 --広島貯金支局--

設置場所 : 中区千田町一丁目15番地先
爆心地から約1.6キロメートル

1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、原爆の強烈な爆風のため鉄筋4階建庁舎の窓ガラスはもちろん、書棚や机、椅子が吹き飛び職員の多くが死傷した。
庁舎周辺は猛火に包まれた建物に踏みとどまった30数人の職員の消火活動で焼失はまぬがれた。
散乱した貯金原簿カードの収拾・整理には非常に苦労した。

写真説明:南東から望む広島貯金支局 撮影 川本俊雄氏 1945年10月上旬

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp