ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000009276更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

03広島駅

原爆被災説明板(広島駅)の写真

原爆被災説明板 --広島駅--

設置場所 : 南区松原町2番37号
爆心地から約1.9キロメートル

人類史上最初の原爆投下により駅構内の屋根は崩れ落ち、正面玄関の前に建てられていた待合室も倒壊しました。駅舎は炎に包まれて全焼し、旅客や駅職員に多くの死傷者が出ました。しかし、生き残った職員の懸命の努力によって復旧がすすめられ、翌8月7日に宇品線が開通、8日には山陽本線が部分開通し、被災者の避難や物資の輸送に大きな役割を果たしました。

写真説明:旧広島駅本館と駅前広場 1945(昭和20)年10月頃 川本俊雄氏撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp