ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 E22b55-01 インドハマユウ(英名:Crinum lily 学名:Crinum latifolium)

本文

ページ番号:0000010049更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 E22b55-01 インドハマユウ(英名:Crinum lily 学名:Crinum latifolium)

アオギリ

爆心地からの距離:2,200m 所在地:広島市中区中島町1 (平和記念公園内)

平和記念公園内には、爆心地から2,200mで被爆したインドハマユウがあります。
このインドハマユウは、爆心地から2,200m離れた段原町にあった旧広島女子商業高校で被爆しました。
被爆から1か月後に焼け焦げた球根から新しい葉が出ているのを見つけた元日本陸軍の兵士が、神奈川県の鎌倉に持ち帰り育てていました。
その株が、1969年に現在の場所に移植されました。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp