ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 E18a39-01 ソメイヨシノ(英名:Yoshino cherry 学名:Cerasus x yedoensis 'Somei-yoshino')

本文

ページ番号:0000010023更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 E18a39-01 ソメイヨシノ(英名:Yoshino cherry 学名:Cerasus x yedoensis 'Somei-yoshino')

ソメイヨシノ

爆心地からの距離:1,800m 所在地:広島市南区比治山町7-1(頼山陽文徳殿内)

比治山の麓にある山陽文徳殿の玄関前には、爆心地から1,800mで被爆したソメイヨシノがあります。
被爆した場所で生き続けていますが、幹は爆心地方向に大きく傾き、樹勢は芳しくありません。
山陽文徳殿は、江戸時代後期に活躍した思想家の頼山陽を記念して1934年に建てられたもので、広島市役所の出先機関や、図書館などの社会教育施設として使われたことがあります。

地図情報

南区比治山町7-1

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp