ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 建築・都市計画 > 旧市民球場跡地を含む中央公園の今後の活用 > 【公募型プロポーザル】中央公園の今後の活用に係る基本方針の策定及び旧広島市民球場跡地の活用に係る民間活力の導入可能性調査業務(令和元年6月~令和元年8月)
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 建築・都市計画 > 旧市民球場跡地を含む中央公園の今後の活用 > 【公募型プロポーザル】中央公園の今後の活用に係る基本方針の策定及び旧広島市民球場跡地の活用に係る民間活力の導入可能性調査業務(令和元年6月~令和元年8月)

本文

ページ番号:0000006520更新日:2019年8月7日更新印刷ページ表示

【公募型プロポーザル】中央公園の今後の活用に係る基本方針の策定及び旧広島市民球場跡地の活用に係る民間活力の導入可能性調査業務(令和元年6月~令和元年8月)

令和元年7月3日(水曜日) 質問の受付を終了しました。

令和元年7月4日(木曜日) 応募資格確認申請書の受付を終了しました。

令和元年7月5日(金曜日) 質問に対する回答を掲載しました。

令和元年7月16日(火曜日) 提案書の受付を終了しました。

令和元年8月7日(水曜日) 審査結果等を公表しました。

公募情報

契約担当課

都市整備局都市機能調整部都心空間づくり担当

業務名

中央公園の今後の活用に係る基本方針の策定及び旧広島市民球場跡地の活用に係る民間活力の導入可能性調査業務

公示

令和元年6月26日

履行場所

広島市中区基町

契約期間

契約締結日から令和2年3月31日まで

業務概要

旧広島市民球場跡地(以下「球場跡地」という。)を含む中央公園については、平成24年に「中央公園の今後の活用に係る検討状況(中間報告)」を公表し、球場跡地については、平成25年に「旧市民球場跡地の活用方策」、平成27年に「旧市民球場跡地の空間づくりのイメージ」を策定している。
これらの既存の公表資料を踏まえ、サッカースタジアムの建設場所が中央公園広場に決定したことなどの状況変化を加味しながら、中央公園の今後の活用に係る基本方針を策定するとともに、球場跡地の活用に係る民間活力の導入に向けた条件を整理した上で事業スキームを構築する。

調達方法

公募型プロポーザル

審査結果等

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)