ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 地域活性化調整部 地域活性推進課 > 平成27年度採択事業(中山間地域お宝資源掘り起こし事業)

本文

ページ番号:0000007229更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成27年度採択事業(中山間地域お宝資源掘り起こし事業)

よしやま直売所設置・活性化事業(安佐南区)

1 事業主体

 よしやま直売所出荷組合

2 概要

 平成28年度にオープンした「Oishii吉山」内に、地元農産物直売所スペースを設置し、地元産の農産物や加工品の販売を行うとともに、生産者自らが積極的に販売品をアピールするイベントなどを開催します。

3 事業の実績

年度 補助金交付額 内容

平成27年度

(初年度)

100万円
  • 直売所のディスプレイ用の棚等を購入しました。
  • 平成27年12月20日(日曜日)~27日(日曜日)に、産直市場建設地近くで試験販売のために、プレイベントとして野菜の産直市を行いました。

平成28年度

(2年度目)

70万円
  • 5月25日に産直市「Oishi吉山」が開設され、 人が訪れ、地元で採れた小松菜などの農作物の販売を始めました。
  • もちの加工の機械を購入し、もちの販売も始めました。

平成29年度

(3年度目)

8万円 近隣の団地の住民へチラシ配布を行い、販売促進を図りました。
 
店内の様子1の画像
店内の様子1
店内2
店内の様子2

4 取材申込などの問い合わせ先

 安佐南区農林課農林振興係 082-831-4950

 メールアドレス:am-norin@city.hiroshima.lg.jp

蘇れ安芸飯室駅(安佐北区)

1 事業主体

 Romui

 (フェイスブック)駅舎カフェ romui - ホーム | Facebook<外部リンク>

 (ブログ)romui<外部リンク>

2 概要

 旧安芸飯室駅を活用し、地元野菜や特産品の販売の継続、地元野菜や特産品を使用した料理を提供するカフェの開業、賑わいのある交流・観光拠点づくりを行う。

3 事業の実績

年度 補助金交付額 内容

平成27年度

(初年度)

100万円
  • 調理用備品等を購入し、旧安芸飯室駅を活用し、地元野菜や特産品の販売の継続、地元野菜や特産品を使用した料理を提供するカフェの開業をしました。
  • 営業日は週1回(日曜日)であるものの、来客者数は1,530人となり、地元野菜の販売促進につながり、地域の活性化が図られました。

平成28年度

(2年度目)

70万円
  • 引き続き野菜市等を開催するに当たり、開業した施設が快適になるよう整備を行いました。
  • 料理メニューの充実を図り、来場者の増加を図りました。

平成29年度

(3年度目)

50万円 駅舎に防寒器具を設置するとともに、駅舎のカフェのメニューの充実、交流イベントの開催などを行い、更なる販売の促進につなげました。
 
旧駅舎の入り口の画像
旧駅舎の入り口
カフェの様子の画像
カフェの様子
旧ホームの様子の画像
旧ホームの様子

4 取材申込などの問い合わせ先

 安佐北区農林課農林課農林振興係 082-819-3932

 メールアドレス:as-norin@city.hiroshima.lg.jp

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 地域活性化調整部 地域活性推進課
電話:082-504-2837/Fax:082-504-2029
メールアドレス:chiikikassei@city.hiroshima.lg.jp