ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 市長の発言、要請文 > 要請文 > 核保有国等への要請文 > バイデン米国大統領への被爆地訪問を求める要請(2022年3月22日)

本文

ページ番号:0000271891更新日:2022年3月22日更新印刷ページ表示

バイデン米国大統領への被爆地訪問を求める要請(2022年3月22日)

アメリカ合衆国大統領 ジョー・バイデン 閣下

謹啓 向春の候、貴台にはますますご清祥のことと心からお喜び申し上げます。

この度、日米両政府によって、本年5月後半に貴台の日本訪問が調整中であるとの報に接しました。是非、この機会に被爆地広島・長崎を訪問していただきますようお願いいたします。

私たち被爆地広島・長崎市民は、貴台が大統領選挙期間中に、「広島と長崎の恐怖を二度と繰り返さないため、核兵器のない世界にさらに近づけるよう取り組む」と明言されたことに大変勇気づけられたことを今でも鮮明に記憶しています。

本年1月3日に、核不拡散条約(NPT)における五核兵器国により、核兵器の拡散防止の重要性及び第6条を含むNPT上の義務に取り組む姿勢を示した共同声明を発表されたことや、同月21日に、日米両政府により、全てのNPT締約国に再検討会議で意義ある成果を出すための貢献を要請する共同声明を発表されたことは、いずれも核兵器のない世界に向けた貴台の強い決意に裏付けられているものと受け止めています。

しかしながら、ロシアによるウクライナ侵略により、核兵器のもたらすリスクが非常に高まっているとともに、国際社会がこれまで築いてきた核軍縮・不拡散体制へ深刻な打撃を与えています。

この状況に被爆地は強い危機感を抱いており、核兵器のない世界を掲げる貴台に、是非とも更なる強いリーダーシップを発揮していただくことを被爆地は切に願っています。

そのためにも、日本政府と共に、世界中の政治指導者及び若者等に対し呼び掛けられた被爆地訪問を、貴台に先陣を切って実現していただきたく存じます。直接被爆の実相に触れ、被爆者の声に耳を傾けていただいたうえで、ここ被爆地から世界に向けて、貴台の確固たる決意を込めたメッセージを発信していただければ、現状に歯止めをかけ、再び核兵器のない世界に向けた潮流を生み出す契機になると確信しています。

被爆地市民は、貴台の訪問を心より歓迎いたします。

末筆ながら、貴台のますますのご活躍とご健勝を心からお祈りいたします。 

謹白

2022年3月22日

広島市長   松井 一實
長崎市長   田上 富久


市長コメント