ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 市長の発言、要請文 > 要請文 > 核保有国等への要請文 > トランプ次期米国大統領へ被爆地訪問を呼び掛ける書簡(2016年11月16日)

本文

ページ番号:0000010132更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

トランプ次期米国大統領へ被爆地訪問を呼び掛ける書簡(2016年11月16日)

トランプ次期大統領 閣下

謹啓 残秋の候、貴台にはますます御清祥のことと心からお喜び申し上げます。

まずはこの度、貴台が大統領選挙において当選されたことに対し、核兵器のない平和な世界の実現を願う被爆地の市長として、心からお祝い申し上げます。

核軍縮を巡る国際情勢が依然として厳しい状況にある中で、核超大国である貴国に期待される役割はますます大きくなっています。

貴台には、核兵器に依存する考え方から脱却し、「核兵器のない世界」に向けて具体的な行動を起こしていただくよう期待しています。

また、貴台には、被爆地を訪問することにより、被爆の実相に触れ、核兵器の非人道性について十分に理解していただくとともに、「こんな思いを他の誰にもさせてはならない」という被爆者の思いを受け止めていただきたいと思います。

末筆ながら、貴台のますますの御活躍と御健勝を心からお祈りいたします。

謹言

2016年11月16日

広島市長 松井 一實
長崎市長 田上 富久


市長コメント