ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000040495更新日:2020年1月15日更新印刷ページ表示

「復興係数」及び「復興歩掛」の導入について

公共事業の情報化と技術管理


 国土交通省では、平成30年7月豪雨災害の復旧・復興工事の本格化に伴い、広島県内の工事の実施状況を踏まえ、円滑な施工の確保に万全を期すための予定価格の適切な設定に必要となる「復興係数」や「復興歩掛」を導入しました。
 本市においても、平成30年7月豪雨災害の復旧工事が本格化しており、工事の入札不調・不落の発生件数が増加してきています。
 このため、国と同様に円滑な施工の確保対策として、全ての土木工事を対象に「復興係数」及び「復興歩掛」を導入します。
 詳細については、「復興係数及び復興歩掛の導入について」をご覧ください。

復興係数及び復興歩掛の導入について[PDFファイル/100KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定
建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク