ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文 > 北朝鮮の核実験に対する抗議文(2013年2月12日)

本文

ページ番号:0000009846更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

北朝鮮の核実験に対する抗議文(2013年2月12日)

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会第1委員長 金正恩 様

抗議文

本市は、世界の人々に、被爆者自身の被爆体験や平和への思いを共有し、その上で核兵器廃絶に向けた強い思いを持っていただくよう、2020年までの核兵器廃絶に向けた取組を始め、様々な取組を行ってきた。こうした中、貴国が核実験を強行した。

貴国が行った核実験は、被爆者の辛く悲しい経験に基づく平和への思いを踏みにじる暴挙であり、強い憤りを覚える。
先般のミサイル発射実験に続く貴国のこうした行動が、核兵器廃絶に向けた国際社会による懸命の努力に水を差し、他の核保有国や核保有願望国に核開発加速の口実を与え、世界の平和と安定の構築を損ねることを強く危惧する。

貴国には、全ての核兵器と核計画を即刻放棄するよう改めて強く要請する。

平成25年(2013年)2月12日

広島市長 松井 一實