ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2020年 > 11月 > デジタルサイネージを用いた広告掲載について

本文

ページ番号:0000193810更新日:2020年11月13日更新印刷ページ表示

デジタルサイネージを用いた広告掲載について

ヘッダー画像

令和2年(2020年)11月13日(金)

企画総務局広報課:課長 浜井

電話:504-2115内線:81-2650

令和2年11月16日(月)から広島駅・八丁堀・紙屋町地区の人通りの多い16か所に設置されたデジタルサイネージに広島市の事業広告を掲載し、多くの市民の目に触れる場所で市政情報を発信していきます。

 

1.発信媒体  紙屋町地区、八丁堀地区、広島駅地区の3つのエリアに設置されたデジタル

サイネージ(Bucci_A_SIGNAGE ※ぶちえーさいねーじ)16台で同時発信。

2.配信時間等 午前8時~午後10時 1回15秒(15秒×24件のCM、6分ごとに繰

り返し配信)

3.配信期間  毎月16日~翌月15日を1サイクルとし、1ヶ月ごとに内容を変更

4.配信回数  1台あたり1日140回(16台で2,240回)

5.配信枠   2枠(15秒×2枠)

 

【配信イメージ(11月16日~12月15日の配信予定例)】

(1)防災アプリのダウンロード促進(2)コロナ禍でも健診等の呼びかけ

〈参考〉

契約業者:株式会社アドプレックス

運営:株式会社スマートコムシティひろしま(田中電機工業100%子会社)

機材設置:田中電機工業株式会社

 

フッター画像