ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 S05a6-01~02 エノキ(英名:Japanese hackberry 学名:Celtis sinensis var. japonica)

本文

ページ番号:0000009969更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 S05a6-01~02 エノキ(英名:Japanese hackberry 学名:Celtis sinensis var. japonica)

エノキ

爆心地からの距離:530m 所在地:広島市中区小町3 (白神社前平和大通り)

爆心地から530m離れた白神社前の平和大通り緑地帯は、1601年に建立された国泰寺の境内にあたる場所で、被爆当時は多くの樹木がありました。
ほとんどの樹は地上部が焼けましたが、その後再生して現在12本の被爆樹木が残されています。
このエノキは、伝承によると直径2mもあった巨樹でしたが、原子爆弾の熱線により地上部が焼けたため切り倒されました。
その後切株の2ヶ所から芽を吹き返し、それらが成長した結果このような2本のエノキになったとされています。
しかし、これら2本は落葉時期が少し異なるなど、生理的な違いがあることが分かってきました。遺伝的に同一のものかどうか、研究者による調査が行われています。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp