ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 折り鶴に託された思いを昇華させるための取組に使用するロゴマークが決定しました

本文

ページ番号:0000009849更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

折り鶴に託された思いを昇華させるための取組に使用するロゴマークが決定しました

 広島市では、昨年10月から11月にかけて、折り鶴に託された思いを昇華させるための取組に使用するロゴマークを公募し、国内外から
438件の御応募をいただきました。
 厳正な審査の結果、次のとおり最優秀賞作品を決定し、ロゴマークの図案として採用しました。
 このロゴマークは、本市や市民主体で実施する「昇華の取組」の成果物や広報媒体等に積極的に使用し、国内外に広く発信するとともに、広島発のブランドとして、ロゴマークを使用する取組の付加価値を高めます。
 なお、ロゴマークの使用に関するルール(デザインマニュアルなど)は、後日お知らせします。

最優秀賞受賞者

秦 幸司(はた こうじ)さん<33歳・福井県在住>

最優秀賞(採用)作品

ロゴマーク作品デザイン

デザインコンセプト

 原爆の子の像に捧げられるたくさんの折り鶴と、そこに込められた多くの人々の思いと祈り、夢や願いをカラフルな一羽の折り鶴で象徴し、物質としての折り鶴と様々な思いが細かく分散されて広がり、昇華されていくイメージを表現しています。
 また、アルファベットの文字「HIROSHIMA」を組み合わせることにより、核兵器廃絶と世界恒久平和への願いをグローバルな意識として共有・発信していく意図が込められています。

優秀賞受賞者

小川 隆久(おがわ たかひさ)さん<60歳・大阪府在住>
林 克彦(はやし かつひこ)さん<41歳・広島市在住>

(参考)応募結果

応募人数(件数)

347人(438件)

応募者の年齢・性別(単位:人)

区分

10代

20代

30代

40代

50代

60代

70代

合計

男性

66人

20人

21人

27人

18人

27人

6人

185人

女性

94人

24人

19人

14人

9人

1人

1人

162人

合計

160人

44人

40人

41人

27人

28人

7人

347人

応募者の住所(単位:人)

区分

広島市内

広島県内

広島県外
(37都道府県)

海外

合計

人数

190人

24人

132人

1人

347人

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp