ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 N15b31-05 クスノキ(英名:Camphor tree 学名:Cinnamomum camphora)

本文

ページ番号:0000010007更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 N15b31-05 クスノキ(英名:Camphor tree 学名:Cinnamomum camphora)

クスノキ

爆心地からの距離:1,580m 所在地:広島市中区東白島町8-8 (禿翁寺境内)

禿翁寺には、爆心地から1,580mで被爆したウメ、モミジ、クロマツ、クスノキ、アラカシがあります。
被爆により建物は焼失しましたが、被爆後も敷地内で生き残った樹木が本堂再建の時に移植され、現在12本が被爆樹木として登録されています。
クスノキは木の樹肌が普通のクスノキと大きく異なっていますが、それが被爆の影響かどうかは不明です。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp