ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 消費生活センター > 「広島市消費生活サポーター制度」について

本文

ページ番号:0000008978更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

「広島市消費生活サポーター制度」について

広島市消費生活サポーター」とは

 お住まいの地域や、所属する団体や職場で、消費生活に関する情報を伝えたり、被害を発見した時は消費生活センターの相談窓口を案内するなど、消費者と消費生活センターをつなぐ市民ボランティアです。

登録者数109名(令和2年4月1日現在)
※現在、新規募集はしていません。

サポーター対象者

 市内に在住、通勤又は通学する18歳以上の者で、市が主催する消費生活サポーター養成講座を終了した方です。

活動の内容

メニュー1:伝える<基本の活動>

 消費生活センターから提供する情報を、家族や地域に知らせる

メニュー2:学ぶ

 消費生活センターが案内する研修会・講座等へ出席し、知識を深める

メニュー3:参加する

 消費生活センター主催事業へ参加する(消費者月間事業への協力など)

メニュー4:活動する

 地域や職場などで消費者啓発の講座を企画する、簡単な消費生活に関する相談に対応する(消費生活センターへ相談をつなげる)、高齢者などへの見守り活動をするなど

サポーターへの支援

消費生活に関する最新の情報を定期的に提供します

※広島市の事例に基づく消費者トラブル事例や国民生活センターからの情報など
※当センターが提供する情報は、原則Eメールと市ホームページからになります。(Eメールを使用されていれない方へは郵送によるお知らせとなります。)

消費生活に関する情報を広める啓発活動のツールを提供します

※講師の無料派遣「消費生活出前講座」、配布用「パンフレット」の提供、当センター「研修室」の無料貸出など

 サポーター活動中に万が一事故があった場合は、原則として、市が運営する「広島市市民活動保険制度」の対象となります。(無報酬の活動である等の要件があり、審査結果によっては制度が適用されない場合があります。)

ダウンロード

広島市消費生活サポーター制度運営要領(131KB)(PDF文書)

このページに関するお問い合わせ先

市民局 消費生活センター
電話:082-225-3300/Fax:082-221-6282
メールアドレス:shouhi@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)