ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 安佐南区役所 > 安佐南区役所 農林建設部 農林課 > “食糧難の国に送る米づくり”令和2年度(第22回)実施結果

本文

ページ番号:0000211389更新日:2021年2月24日更新印刷ページ表示

“食糧難の国に送る米づくり”令和2年度(第22回)実施結果

“食糧難の国に送る米づくり”(安佐南区海外援助米生産事業)は、ボランティアと地元の方とで一緒に、食糧難の国の子どもたちに送るお米を生産していただくものです。

収穫されたお米は、民間援助団体「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じて、アフリカのマリ共和国に届けられます。

令和2年度については、新型コロナウイルス感染症の影響により、ボランティアによる生産活動の一部(5月の田植えと7月の草取り・稲の観察会)が中止となりましたが、10月の稲刈り・収穫祭は、感染防止対策を講じたうえで、規模を縮小してではありますが、何とか実施することができました。

田植え(農事組合法人よしやまで実施)

田植えの写真

サツマイモ植付け(地元町内会ほかで実施)

サツマイモの植付け写真

 

 

稲刈り・収穫祭

1 日 時

令和2年10月17日土曜日 9時30分から11時00分

2 実施状況

前日からの雨が開会直前まで残りましたが、ボランティア92人を含めた総勢171人の参加により実施することができました。

受付

受付の写真

開会式

開会式の写真

稲刈り(1)

稲刈り(1)の写真

稲刈り(2)

稲刈り2の写真

コンバイン試乗

コンバイン試乗の写真

イモ掘り

イモ掘りの写真

目方比べ大会表彰式

イモの目方比べ大会表彰式の写真

閉会式

閉会式の写真

稲が湿っていたため、コンバインによる刈取りを観ることはできませんでしたが、子どもたちは乗せてもらい楽しそうでした。

 

3 収穫量

1,790kg(60袋)

 

4 発 送

収穫したお米は、脱穀等の出荷準備を終えて、12月3日に広島(沼田町吉山)から東京へと出発しました。

予定では12月8日に東京の平和島に到着し、船便でアフリカのマリ共和国へと旅立ち、来年3月には現地に到着します。