ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 行政経営部 行政経営課 > 広島県・広島市連携のための合同研究会 平成27年度の取組

本文

ページ番号:0000015533更新日:2016年4月1日更新印刷ページ表示

広島県・広島市連携のための合同研究会 平成27年度の取組

平成27年度の取組

1 広島県・広島市の連携強化に係る取組

 これまでの「広島県・広島市連携のための合同研究会」では、(1)類似する行政サービスについて県市の
役割分担等を検討している項目及び(2)事務・権限の移譲の検証作業等を通じて県市が連携を図っている
項目について進行管理等を行うこととしており、本年6月、平成27年度の取組実績を取りまとめました(資料「平成27年度の取組実績」を参照してください。)。

2 広島県から広島市への事務・権限の移譲

 第30次地方制度調査会答申において都道府県から指定都市へ移譲を検討するとされた73事務のうち、
「広島県・広島市連携のための合同研究会」において移譲の具体化に向けた協議を行うこととした25事務
について検討を進めた結果、平成27年4月、法制化により移譲された事務以外に、5事務の移譲を受けま
した。
移譲を受けた事務:

  1. 幼保連携型認定こども園以外の認定こども園の認定
  2. 地域医療支援病院の承認
  3. 農業振興地域の指定
  4. 民有林の開発行為の許可
  5. ダイオキシン類土壌汚染対策地域の指定等

ダウンロード

広島県・広島市の連携強化に係る取組について(平成27年度実績)(272KB)(PDF文書)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)