ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消防・救急 > 消防 > 消防 > 各消防署からのお知らせ > 安佐南消防署 > 平成29年九州北部豪雨災害被災地への緊急消防援助隊派遣について(安佐南消防署)

本文

ページ番号:0012309876更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成29年九州北部豪雨災害被災地への緊急消防援助隊派遣について(安佐南消防署)

安佐南消防署から緊急消防援助隊が派遣されました

 平成29年7月5日午後から九州北部を襲った記録的豪雨は、福岡県及び大分県に甚大な被害をもたらしました。このため、安佐南消防署からも延べ39名の消防隊員が緊急消防援助隊として災害派遣されました。

派遣人員 延べ39名(うち女性隊員1名)
派遣車両 2台
派遣先 福岡県朝倉郡東峰村、朝倉市
派遣期間 平成29年7月6日~7月25日(20日間)

出発式1出発式2

7月6日 出発式の様子(安佐南署)

7月6日 出発式の様子(安佐南署)の画像17月6日 出発式の様子(安佐南署)の画像2

朝倉市での活動状況

朝倉市での活動状況の画像1朝倉市での活動状況の画像2

朝倉郡東峰村での活動状況

朝倉郡東峰村での活動状況の画像1朝倉郡東峰村での活動状況の画像2

朝倉郡林田地区及び筑紫川での活動状況

広島市消防局初の女性隊員の派遣

 安佐南消防署の猪原早紀さんが、広島市消防局の女性消防隊員としては、初めて災害派遣されました。

 現地では、後方支援隊として

  • 宿営地の運営(給食、衛生管理)
  • 食糧、物資の補給
  • 人員輸送、資機材搬送、燃料補給

 などの活動を行いました。

広島市消防局初の女性隊員の派遣の画像1広島市消防局初の女性隊員の派遣の画像2

宿営地の様子

緊急消防援助隊の一員として

 この度、緊急消防援助隊の一員として派遣され、現地では後方支援隊として活動しました。

 後方支援とは、宿営地の運営、食糧や物資の補給、資器材の搬送等が主な仕事です。現場での捜索活動に加わることはできませんでしたが、活動隊への支援を通じて、被災された方々の力になっていればいいなと思います。

 今回感じたことを自分の中でしっかりと整理し、今後の業務に活かしていきたいです。

広島市安佐南消防署 佐東指揮調査隊 猪原 早紀

宿営地の様子の画像