ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 高齢者福祉 > 高齢・福祉 > 高齢者施策推進プラン > 平成29年度 在宅高齢者基本調査結果について

本文

ページ番号:0000006071更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成29年度 在宅高齢者基本調査結果について

平成29年度の在宅高齢者基本調査の結果について掲載します。

調査の概要は以下のとおりです。

1 調査の目的

 この調査は、広島市内の在宅高齢者の生活実態について基本的な事項を把握し、高齢者保健福祉施策の推進に必要な基礎資料を得ることを目的とし実施しました。

2 調査の方法

 調査対象者への訪問面接調査

3 調査の対象

 広島市内に現に居住する65歳以上の方(昭和27年3月1日以前に生まれた方)。ただし、施設入所者等は除いています。

4 調査基準日

 平成29年3月1日

5 調査期間

 平成29年3月から5月

6 調査員

 民生委員・児童委員(主任児童委員は除きます。)

7 調査事項

 世帯状況、家族等との連絡状況、サロンへの参加状況、町内会・自治会加入状況、健康状態、地域・社会奉仕活動状況、就業状況、6か月以上入院中等

8 調査の実施状況

区分

対象者数

調査不能者数

調査実施者数

実施率

広島市

268,503人

17,488人

251,015人

93.5%

※ 調査結果の概要は、下記のダウンロードをご利用ください。

ダウンロード

平成29年度 在宅高齢者基本調査結果(550KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)