ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2017年11月22日 広島港国際コンテナターミナル出島地区に保管中のコンテナ内におけるヒアリの確認について(健康福祉局保健部環境衛生課)

本文

ページ番号:0000014121更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

2017年11月22日 広島港国際コンテナターミナル出島地区に保管中のコンテナ内におけるヒアリの確認について(健康福祉局保健部環境衛生課)

ヘッダー画像

平成29年(2017年)11月22日(水曜日)
健康福祉局環境衛生課
安西課長、花尾課長補佐
電話:241-7622 内線:80-204
環境局環境政策課
高野課長、石井課長補佐
電話:504-2202 内線:3210

広島港国際コンテナターミナル出島地区に保管中のコンテナ内におけるヒアリの確認について

 広島港国際コンテナターミナル出島地区に保管中のコンテナ内でヒアリ(死骸)が確認されました。

 調査結果について、環境省より、別紙のとおり発表がありましたのでお知らせします。

1 本市の対応

 ヒアリによる被害を防止するため、庁内関係課15課をメンバーとするヒアリ対策チームで情報を共有し、以下の対策を進めます。

  1. 環境省及び広島県が行う、コンテナターミナル周辺の防除業務に協力します。
  2. コンテナターミナル周辺にある公共施設の利用者や地域住民に対し、注意喚起を行います。
  3. ホームページ等により、市民へヒアリに刺された場合の対処方法の周知を行うとともに、市民からヒアリが疑われるアリを発見した場合等の、ヒアリに関する相談に対応します。

2 注意事項

 ヒアリは毒針を持っており、刺されると、まれに、死に至る場合もあります。発見した場合はむやみに触ったりせず、3の問い合わせ先までご連絡ください。この場合、周辺にもヒアリが生息している可能性があるため、通常、ヒアリが生息するとされる緑地帯の土や芝生の土等には安易に手を入れないようにしてください。

 万一、刺された場合は、少しでも異常を感じたら、最寄りの病院をすぐに受診してください。重症の場合、アナフィラキシーショック※となる可能性があるため、受診の際には、「アリに刺されたこと」を伝えてください。

 ※アナフィラキシーとは急性の全身性かつ重度なアレルギー反応のひとつで、このアレルギーによるショック症状をいいます。

3 問い合わせ先等

  • 環境省 ヒアリ相談ダイヤル Tel:0570-046-110又は06-7634-7300
  • 広島県環境県民局自然環境課野生生物グループ Tel:082-513-2933
  • 広島市健康福祉局環境衛生課環境衛生係 Tel:082-241-7408

ダウンロード

別紙(環境省報道発表資料)(372KB)(PDF文書)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 環境衛生課 環境衛生係
電話:082-241-7408/Fax:082-241-2567
メールアドレス:kankyoeisei@city.hiroshima.lg.jp

フッター画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)