ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2018年 > 6月 > 2018年6月5日 被爆地訪問要請に対するローマ法王からの返書について(お知らせ)

本文

ページ番号:0000010166更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

2018年6月5日 被爆地訪問要請に対するローマ法王からの返書について(お知らせ)

平成30年(2018年)6月5日(火曜日)
市民局 平和推進課:松嶋 野坂
電話:082-242-7831 内線:5801

被爆地訪問要請に対するローマ法王からの返書について(お知らせ)

 平成30年5月、長崎市長のバチカン訪問に合わせ、ローマ法王の被爆地への訪問を要請する内容の広島・長崎両市長名の親書をお送りしていたところ、ローマ法王から広島・長崎両市長宛の返書(別紙本書(スペイン語))が本市へ届きましたので、お知らせします。

返信の主な内容

  • 平和の推進に取り組んでこられた広島・長崎両市の御尽力に感謝する。
  • 広島市と長崎市は、世界に希望の光をもたらす。
  • 原爆の惨事を生き抜いた被爆者の経験は、同じような惨事を許さないために取組を続けるよう、私たちを勇気付ける。
  • 私は両市長とその市民のために祈りを捧げることを約束する。

参考

  1. 差出人
    ローマ法王フランシスコ
  2. 連絡方法郵
    送(駐日ローマ法王庁大使館経由)
  3. 受信日
    平成30年5月30日(水曜日)(日本時間)(長崎市も同内容の返書を同日に受信)

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


2021年