ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2020年 > 9月 > 11月末までの催物の開催制限等の緩和に伴う広島平和記念資料館の対応について

本文

ページ番号:0000187632更新日:2020年9月28日更新印刷ページ表示

11月末までの催物の開催制限等の緩和に伴う広島平和記念資料館の対応について

ヘッダー画像

令和2年(2020年)9月28日(月曜日)
市民局国際平和推進部平和推進課
被爆体験継承担当:稲田、村上、柿田
電話:082-242-7831 内線:5817

広島平和記念資料館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、6月1日の開館以降、常設展示室への入場者数及びメモリアルホール等の収容人数について制限しています。
この度、9月11日付けで示された国の方針等を踏まえ、広島平和記念資料館の常設展示室及びメモリアルホール等の人数制限について変更しますのでお知らせします。
なお、すべての入館者を対象とした検温や館内におけるソーシャルディスタンスの維持の呼び掛けについては、引き続き行います。

1 変更内容
 (1) 常設展示室
      常設展示室への入場者数の上限を30分当たり150人から200人に変更します。
      これにより、1日あたりでは4,000人となります。
 (2)  メモリアルホール等
   催物(イベント等)の開催に伴う各室の収容人数について、これまでの「収容定員の50%以内」を「収容定員の100%以内」に緩和します。
      ※ 「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針」に掲げられている条件を満たす場合に限ります。

2 変更期間
  令和2年10月5日(月曜日)から令和2年11月30日(月曜日)まで
   ※12月以降については、今後の国の対応等を踏まえて検討し、改めてお知らせします。

3 その他
・ 国や県の方針等が改訂された場合や、新型コロナウイルス感染状況等によっては、上記の内容を変更することがあります。
・ 来館前に、広島平和記念資料館のホームページ等により最新情報を御確認いただくようお願いします。

フッター画像