1. サイトマップ

本文の開始

第266号(平成28年4月発行)8ページ

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
可決した決議


第1号議案 平成28年度広島市一般会計予算に対する付帯決議

 この度の平成28年度広島市一般会計当初予算案には、広島市東部地区連続立体交差事業について今回の見直し案を前提にした予算が計上されている。
 しかしながら、この見直し案で、高架化されないこととされた安芸区船越地区の住民からは強い反発の姿勢が示され、理解は得られていない状況にある。
 そもそも、この事業は、JR山陽本線及び呉線により市街地が分断されている広島市の東部地区及び府中町、海田町において踏切の遮断による交通渋滞が生じるなど都市機能が阻害されていることから、広島県と広島市が一体となって、この地域の鉄道を連続的に高架化し、交通の円滑化や南北市街地の一体化、踏切の安全確保を図ることを目的に、今から17年前の平成11年3月に都市計画決定されたものである。
 当初の計画どおり、この事業が推進されておれば、今年度には完成するはずであったものが、公共事業を取り巻く環境の変化などにより、事業計画を見直す必要が生じたため、いまだ実現に至っていない状況にあった。
 こうした事態を招いた広島市行政の責任は当然問われるものであるが、広島県においても、この事業の共同事業者として、また、広域行政を担う地方自治体として大きな責任があるものと考える。
 見直し案の公表の後、広島市では、船越地区住民に対して、説明会を開催し、そこには広島県も出席しているとのことであるが、今後、当該事業を円滑に進めていくためには、引き続き誠実な対応が広島市・広島県には求められているものと考える。
 よって、広島県に対しては、共同事業者及び広域行政を担う地方自治体の責任を自覚し、広島市とともに、船越地区住民の理解を十分得られる取組を講じられることを要請する。また、広島市においては、今後、この予算を執行するに当たっては、下記の事項に十分留意して取り組まれるよう、強く求めるものである。
   記
1 船越地区住民へ時間を掛けて十分な説明を行うとともに、理解を得ること。
2 船越地区住民からのまちづくりに対する要望については、誠実に対応すること。
3 船越地区住民への対応状況、当該事業の推進状況については、適宜、議会に報告すること。
 以上、決議する。

第38号議案 広島市乳幼児等医療費補助条例の一部改正についてに対する付帯決議

 今定例会に提案された広島市乳幼児等医療費補助条例の一部改正案は、子供の医療に係る保護者の経済的負担を軽減することにより、子供の健やかな成長を図るため、小学校第1学年から中学校第3学年までの子供が入院した場合及び小学校第1学年から第3学年までの子供が通院した場合に係る医療費を新たに補助の対象にするなどの改正を行うものである。
 今後、少子高齢化が更に進み、子育てをしやすい環境を作ることが急務となっている中、広島市の厳しい財政状況にもかかわらず、より多くの子供の健全な発育を更に促進すべく行われたこの度の医療費補助の対象年齢の拡大は、大きな前進であると評価したい。
 安心して子供を産み育てることができる「子どもと子育てに優しいまち」づくりを進めていくため、これまで本市議会は、乳幼児等医療費補助制度の対象年齢を拡大するよう求めてきたところであり、比較的所得の高い世帯の一部負担金が増えることにはなるものの、最優先の課題であった対象年齢を大幅に拡大させ、一人でも多くの子供が制度の対象となることは多くの保護者の願いをかなえるものである。
 よって、今回の改正は大きな一歩であるが、広島市においては、引き続きこの補助制度を他の地方自治体の制度と比較しても全くそん色のないものとすべく、更なる充実に向けて取り組まれるよう、強く求めるものである。
 以上、決議する。

 

市議会フェイスブック始めました


 平成28年2月から、新たな広報手段として、市議会フェイスブックを始めました。発信している内容は次のとおりです。
・本会議などの会議日程
・一般質問(総括質問)の発言者および発言通告項目
・議会中継情報
・広報紙発行情報および広報番組放映情報

 

議会トピックス


議事堂で避難訓練を実施
 2月15日月曜日の本会議終了後、議事堂で避難訓練を実施しました。議会中に大規模地震が発生したという想定で、議員および職員の防災意識の高揚を図りました。

サンフレッチェとカープのキャンプ地を訪問
 2月12日金曜日~13日土曜日に、沖宗副議長などが、サンフレッチェ広島と広島東洋カープの宮崎キャンプを訪問しました。今シーズンのさらなる活躍と飛躍を期待し、サンフレッチェの森保監督、カープの緒方監督をはじめ、選手の皆さんを激励しました。

 

広報紙デイジー(CD)版のご案内


 目の不自由な方に「ひろしま市議会だより」のデイジー(CD)を発行しています。希望される方はご連絡ください。
※デイジー版は一般のCDプレイヤーでは再生できません。専用再生機またはパソコン用再生ソフトが必要です。

◆連絡先:議会事務局 秘書広報室広報担当
◆電話:504-2439
◆FAX:504-2448

 

編集後記


 早いもので、第9期広報委員会のメンバーとしては、今号が最後の「ひろしま市議会だより」となりました。
 代々引き継いできた広報委員の志を次期広報委員にも引き継ぎ、今後も議会情報の積極的な発信に努めていきたいと思います。
◆委員長:安達千代美
◆副委員長:森畠秀治
◆委員:定野和広 海徳裕志 山内正晃 山路英男 豊島岩白 藤井敏子

 

テレビ広報番組


「ひろしま市民と議会」(平成28年第1回定例会のあらまし)
本会議のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。

 

放映日
放送局
放映時間(30分間)
5月14日土曜日、
15日日曜日
株式会社ひろしまケーブルテレビ 午前11時~
株式会社ふれあいチャンネル
株式会社ひろしまケーブルテレビ 午後4時30分~
株式会社ふれあいチャンネル