1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市の感染症最新情報/最新週のトピックス

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP

 

感染症週報pdfグラフ総覧 発生動向一覧表 過去5週間の動向 全数疾患報告状況
麻しん (はしか)風しんの予防接種を受けましょう!(健康推進課)
麻しんについて(厚生労働省)
風 しん患者の報告数増加に関する情報(国立感染症研究所)
海外へ渡航され る皆さまへ!(厚生労働省検疫所FORTH)

 

次回の更新は11月20日(水)の予定です。
集計の状況によっては更新が夕方近くになる場合もあります。
ブラウザの「更新」または「再読込」ボタンを押して最新の情報をご覧ください。

 

2019年第45週(11月4日~11月10日)

コメント

1.インフルエンザ

インフルエンザの流行状況

 59人(定点当たり1.59人、迅速診断キット:A型陽性58人、B型陽性1人)の報告があり、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を上回り、流行期に入りました。
 例年、流行が始まると急激に患者が増加するため、注意が必要です。健康管理に注意し、ワクチン接種、手洗いや咳エチケットなど感染予防対策を徹底しましょう。症状などからインフルエンザが疑われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

【参考】
 ・
インフルエンザ(総合ページ)(厚生労働省)
 ・インフルエンザ最新情報
 ・広島市におけるインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等(集団かぜ)の発生状況
 

2.つつが虫病

 1件の報告があり、今年の累計は3件となりました。例年、11~12月にかけて報告数が多くなっています。山や草むらに入るときは、長袖・長ズボンを着用するなど、肌の露出を少なくし、ダニ類の付着を防ぎましょう。屋外活動後は入浴し、ダニ類が付着していないか確認しましょう。

【参考】
 ・感染症トピックス/つつが虫病
 

  

定点把握感染症報告状況(週報対象)

定点把握感染症報告状況(週報対象)

 

全数把握感染症報告状況(全数把握疾患報告数(2000年~2019年最新週)

全数把握感染症報告状況

 

STD(性感染症)・基幹定点報告状況(月報対象)の推移 

STD(性感染症)・基幹定点報告状況(月報対象)の推移

 

新たに判明した病原体検出状況(過去の病原体検出状況

新たに判明した病原体検出状況

     

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp