1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島市の感染症最新情報/最新週のトピックス

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

感染症情報センターTOP

 

感染症週報 ・ グラフ総覧 ・ 発生動向一覧表 ・ 過去5週間の動向 ・ 全数疾患報告状況
風しん患者の報告数増加に関する情報(国立感染症研究所)

  

次回の更新は3月27日(水)の予定です。
集計の状況によっては更新が夕方近くになる場合もあります。
ブラウザの「更新」または「再読込」ボタンを押して最新の情報をご覧ください。

 

2019年第11週(3月11日~3月17日)

コメント

1.風しん

風しんの年間報告数のグラフ

 1件の報告があり、今年の累計は6件となりました。
 
妊娠初期の女性が風しんウイルスに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(難聴、白内障、心疾患等)を発症する可能性があるため、特に注意が必要です。
 風しんはワクチン接種で予防可能な感染症ですが、妊娠中の女性は接種できません。妊婦への感染を防止するため、過去に風しんにかかったことがない方で、予防接種を受けていない方は予防接種を受けましょう。(下記参照

【参考】
 ・風しんについて(厚生労働省)
 ・風しんに要注意!(健康推進課)

 

2.インフルエンザ

 定点当たり3.32人と、前週と比べて減少しました。
 
春休み中は混雑する場所へ出かけるなど、感染機会が増えると考えられます。健康管理に注意し、流水・石けんによる手洗いの励行、咳エチ
ケットなど感染予防対策を心がけましょう。
 

 【参考】
 ・インフルエンザ最新情報

 

定点把握感染症報告状況(週報対象)

定点把握感染症報告状況(週報対象)

 

全数把握感染症報告状況(全数把握疾患報告数(今年) ・ 全数把握疾患報告数(2000~2018年)

全数把握感染症報告状況

   

新たに判明した病原体検出状況)

 新たに判明した病原体検査状況

過去の病原体検出状況 

 

★風しんに注意しましょう!~先天性風しん症候群を防ぐために~

 昨年7月以降、全国的に風しんが流行しており、2018年は2,937件(3月4日現在の暫定値)、2019年は第10週現在、860件報告されています。また、2019年第4週には、先天性風しん症候群が1件報告されています。

広島市では、主に妊娠を希望する女性に対して、無料の風しん抗体検査を実施しています。

抗体検査の対象者】 広島市に住民登録している方のうち、(1)、(2)のいずれかに該当する方
 (1)妊娠を希望する女性
 (2)妊婦又は妊娠を希望する女性の同居者

検査の結果、抗体価が低いことが判明した場合は、予防接種を受けましょう。

*抗体検査についての詳細は、広島市ホームページからご確認ください。
広島市では無料の風しん抗体検査を行っています。【先天性風しん症候群を防ぐために!】(健康推進課)

 

 

  

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 衛生研究所 生活科学部
電話:082-277-6575 /  FAX:082-277-0410
メールアドレス:ei-seikatsu@city.hiroshima.lg.jp