1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

幼児教育の無償化

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

子ども・子育て支援法等の改正により、令和元年10月から幼児教育の無償化が実施されます。

無償化の対象

幼稚園、保育園、認定こども園など

 3~5歳児クラスの子どもの保育料が無償化されます。0~2歳児クラスの子どもの保育料は、住民税非課税世帯に限り無償化、さらに、幼稚園、認定こども園(幼稚園部分)の満3歳児クラスも無償化の対象となります。ただし、就園奨励費が支給されている幼稚園の保育料については、月額2万5700円を上限に無償化(償還払い)されます。
 小規模保育事業所、事業所内保育事業所(地域枠)、企業主導型保育事業所(標準的な利用料)の利用料も同様に無償化の対象となります。


幼稚園の預かり保育

 保育の必要性があると認定を受けた子どもの利用料が無償化(償還払い)されます。
 3~5歳児クラスの子どもの場合、幼稚園の保育料の無償化に加え、利用実態に応じて最大月1万1300円までの部分、満3歳児クラスの子どもの場合は住民税非課税世帯に限り、最大月1万6300円までの部分が無償化(償還払い)の対象となります。


認可外保育施設など

 保育の必要性があると認定を受け、保育園、認定こども園などを利用していない子どもの利用料が無償化(償還払い)されます。
 3~5歳児クラス相当の子どもの場合、最大月3万7000円までの部分、0~2歳児クラス相当の住民税非課税世帯の子どもの場合、最大月4万2000円までの部分が無償化(償還払い)の対象となります。
 認可外保育施設(ベビーホテル、ベビーシッターを含む)に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業の利用も対象です。
※無償化の対象となる認可外保育施設などは、市が確認を行ったものに限ります。今後、市ホームページなどで公表予定です。


障害児通園施設

 3~5歳児クラス相当の子どもの利用料が無償化されます。また、幼稚園、保育園、認定こども園と併用する場合は、ともに無償化の対象となります。
 

 

「償還払い」とは

 保育料・利用料をいったん施設に支払い、その後、市へ申請を行うと、支払った額の全部または一部が支給されます。

 

無償化される費用の考え方(3~5歳児クラスの保育園児の場合

  ※食材料費、通園送迎費、行事費などは、無償化の対象外(保護者負担)です。
  ※副食費の額については各園からお知らせします。


参考:幼児教育・保育の無償化(内閣府)
 

今後の手続きについて

● 保育園、認定こども園を利用
 特段の手続きは不要です。認定こども園(幼稚園部分)と預かり保育を併用する場合は、園から認定手続きなどについてご案内します。

● 幼稚園を利用
 園から認定手続きなどについてご案内します。

● 認可外保育施設などを利用
 8月上旬ごろに市ホームページで手続き方法を案内します。

● 障害児通園施設を利用
 特段の手続きは不要です。  

 

認可外保育施設などの事業者対象説明会

  認可外保育施設を設置した場合には、児童福祉法に基づく届け出が必要です。また、無償化の対象施設となるためには、届け出とは別に市の確認を受けるための申請が必要です。
 市の確認を受けるための必要書類や無償化対象施設における注意事項などについての説明会を、下記の通り開催するのでご参加ください。 

日時
※説明会の内容は(1)~(4)すべて同じです。

(1) 7月20日(土)午後 2時から
(2) 7月20日(土)午後 6時から
(3) 7月21日(日)午前10時から
(4) 7月21日(日)午後 2時から
場所 市役所本庁舎2階講堂(中区国泰寺町一丁目6番34号)
申し込み方法 はがきかファクス、Eメール(ko-sidou@city.hiroshima.lg.jp)で、希望日時、事業所名、参加人数、連絡先、入園児数を記入し、7月12日金曜日(必着)までに保育指導課(郵便番号730-8586 住所不要)へ
問い合わせ先 保育指導課 (電話504-2154、ファクス504-2254)

 

問い合わせ先

私立保育園・認定こども園については保育指導課(電話:082-504-2154、ファクス:082-504-2254)または区保健福祉課(東区は福祉課。連絡先は以下のとおり)

電話 ファクス
082-504-2569 082-504-2175
082-568-7733 082-568-7781
082-250-4131 082-254-9184
西 082-294-6342 082-294-6311
安佐南 082-831-4945 082-870-2255
安佐北 082-819-0605 082-819-0602
安芸 082-821-2813 082-821-2832
佐伯 082-943-9732 082-923-1611

公立保育園・認定こども園については保育企画課(電話:082-504-2153、ファクス:082-504-2255)または区保健福祉課(東区は福祉課)

幼稚園については教育委員会学事課(電話082-504-2469、ファクス082-504-2328)

認可外保育施設、一時預かり事業、病児保育事業については保育指導課(電話:082-504-2154、ファクス:082-504-2254)

ファミリー・サポート・センター事業についてはこども・家庭支援課(電話:082-504-2623、ファクス:082-504-2727)

障害児通園施設については障害自立支援課(電話504-2148、ファクス504-2256)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

こども未来局保育指導課、保育企画課、教育委員会総務部学事課
電話:082-504-2154、082-504-2153、082-504-2469 /  FAX:082-504-2254、082-504-2255、082-504-2328