広報紙「ひろしま市民と市政」へ戻る

広報紙「ひろしま市民と市政」

広島市ホームページ令和元年6月1日号トップページトピックス産前・産後のママを支援します

地域で安心して子育てを
産前・産後のママを支援します

 産前・産後は、お母さんの体と心の状態が最も不安定な時期です。市は、地域で安心して子育てができるよう、助産師などの専門家と連携して、お母さんの心身のケアや育児サポートなどの支援を行っています。

 市は、出産や育児などについて訪問相談などさまざまな支援に取り組んでいます。平成27年から、お母さんの体と心が最も不安定になる産前8週から産後8週までを切れ目なく支援する取り組み(下記の支援メニュー参照)を行っており、多くの利用者から「利用してよかった」「気持ちが楽になった」との声をいただいています。利用を希望する場合は、お住まいの区の保健センターへご相談ください。利用内容などを説明した上で申し込みを受け付けます。
◆申込方法:
産前・産後サポート事業(下記1.)については、おおむね妊娠6カ月(20週)以降、産後ケア事業(下記2.)、産後ヘルパー派遣事業(下記3.)については、おおむね8カ月(28週)以降からの申し込みになります
◆問い合わせ先:区保健センター
電話
504-2109
568-7735
250-4133
西 294-6384
安佐南 831-4944
安佐北 819-0616
安芸 821-2820
佐伯 943-9733


妊娠・出産包括支援のメニュー

1.産前・産後をサポートします
 助産師が、産前は悩みなどの相談を受け、産後は授乳や沐浴(もくよく)などの指導をします。
イラスト
◆利用できる人:次の全てにあてはまる人
●市内に住所がある
●体調不良や育児不安などがある
●身近に相談できる人がいない、産前8週(56日)から産後8週(56日)までのお母さんとその子ども

◆ケア内容:助産師(有資格者)が利用する人の自宅を訪問し、次のことを行います
●母体の健康状態のチェック、乳房管理
●妊娠・出産に関する不安に対する相談
●授乳や沐浴についての相談
●赤ちゃんのお世話の仕方などの育児相談 など

◆訪問時間:月〜金曜日(閉庁日を除く)の午前9時〜午後5時までの1時間(1回)
◆利用回数:4回まで
◆利用料金:1回あたり無料〜2,500円など(所得などによって異なる)

2.産後をケアします
 産科医療機関などでの宿泊やデイケアを通じて、出産直後のお母さんの心身のケアや育児サポートを行います。
◆利用できる人:次の全てにあてはまる人
●市内に住所がある
●体調不良や育児不安などがある
●家族などから産後の家事・育児などの支援を受けることができない、お母さんと生後8週(56日)未満の子ども
◆ケア内容:

区分 ケア内容 利用期間
宿泊型ケア 午前0時から翌午前0時までを1日とし、1日3食(初日2食)の食事提供あり ●母体の健康状態のチェック、乳房管理 ●妊娠・出産に関する不安に対する相談 ●授乳や沐浴についての相談 ●赤ちゃんのお世話の仕方などの育児相談 7日間まで
デイケア 原則、午前10時から午後7時までの利用を1日とし、2食の食事提供 ●母体の健康状態のチェック、乳房管理 ●妊娠・出産に関する不安に対する相談 ●授乳や沐浴についての相談 ●赤ちゃんのお世話の仕方などの育児相談 7日間まで
※食事をキャンセルしても、利用料金は変わりません
◆実施場所:契約医療機関か助産所
◆利用料金:宿泊型1日あたり無料〜1万5000円、デイケア1日あたり無料〜7,500円など(所得などによって異なる)

3.産後にヘルパーを派遣します
産後、自宅にヘルパーを派遣し、家事や育児の必要な支援を行います。
イラスト
◆利用できる人:2.と同じ
◆支援内容:

家事支援 育児支援
●食事の準備・後片付け
●衣類の洗濯・補修
●居室などの掃除・整理整頓
●生活必需品の買い物
●郵便物の郵送など
●その他必要な家事援助
●授乳介助
●おむつ・衣類交換
●沐浴介助
●兄姉児の遊び相手などの世話
●その他必要な育児援助
※一部の支援を除き、原則として居宅内で行う支援で、保護者の在宅時に限ります
◆利用時間:月〜日曜日の午前8時〜午後6時でサービス1回につき2時間以内
◆利用回数:1日2回まで、合計10回利用可能
◆利用料金:1時間まで無料〜1,000円、1時間半を超え2時間まで無料〜2,000円など(所得などによって異なる)

母親の気持ちに寄り添った支援を

写真
たから助産院(安佐南区)
吉田康子院長(左)、北村ゆきえ助産師(右)


 母親にとって産前・産後は心身ともに不安定になることが多く、周囲がサポートすることが大切です。当院では、不安を抱える母親の気持ちに寄り添った支援を心掛けています。特に、食事面では産後の母親の体質に合わせた食材や、無添加の調味料を使用した薬膳料理を中心に提供してサポートしています。

利用者の声

たから助産院で包括支援を利用した人の声を紹介します
イラスト

●赤ちゃんとの心地よい接し方を知ることができて、これからの子育てが一層楽しみになりました
●同院で提供される母乳がよく出るスープや利尿作用のあるお茶など、一人一人の症状に合わせた心のこもった食事に感動しました
●子育てに対する不安が薄れ、泣いてばかりだった我が子との時間が、楽しくて幸せいっぱいの時間になりました

◆問い合わせ先:こども・家庭支援課(電話504-2623、ファクス504-2727)

トピックス