平成30年第2回定例会(6月定例会)の議案と議決結果など

○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対

■平成30年6月18日議決分
区分 議案番号 件名 質疑・討論
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・市民クラブ
(13)
自民党・保守クラブ
(11)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(6)
市民連合
(4)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)

(1)
自民クラブ
(1)
決議案 15 議長不信任決議案 討論
×
×
除斥1人
×

退席3人
×
×
×
×

退席
否決
※自民党・市民クラブが1人欠席 市政改革ネットワークが1人欠席

■平成30年6月28日議決分
区分 議案番号 件名 質疑・討論
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・市民クラブ
(13)
自民党・保守クラブ
(11)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(6)
市民連合
(4)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)

(1)
自民クラブ
(1)
補正予算案 68 平成30年度一般会計補正予算(第1号)  
原案可決
条例案 69 市税条例等の一部改正  
原案可決
条例案 70 介護保険条例の一部改正  
原案可決
条例案 71 市営住宅等条例の一部改正  
原案可決
その他の議案 72 新たに生じた土地の確認及び当該土地を町の区域に編入すること  
原案可決
その他の議案 73 地域活動支援センターの運営に係る補助金の不正請求に係る損害金等の支払いを求める訴えの提起  
原案可決
その他の議案 74 広島高速5号線の新設に係るトンネル工事に伴う損害についての調停 質疑
原案可決
その他の議案 75 土地改良事業計画の変更  
原案可決
その他の議案 76 市道の路線の廃止  
原案可決
その他の議案 77 市道の路線の認定  
原案可決
その他の議案 78 契約の締結(こども療育センター及び児童相談所等改築工事)  
原案可決
その他の議案 79 契約の締結(こども療育センター及び児童相談所等改築電気設備工事)  
原案可決
その他の議案 80 契約の締結(こども療育センター及び児童相談所等改築空気調和設備工事)  
原案可決
その他の議案 81 契約の締結(上瀬野線跨線橋新設工事)  
原案可決
その他の議案 82 契約の締結(安芸中野駅自由通路新設工事)  
原案可決
その他の議案 83 契約の締結(温品二葉の里線中山高架橋(仮称)上部工事(その2)) 討論
×
原案可決
その他の議案 84 変更契約の締結(恵下埋立地(仮称)建設工事)  
原案可決
専決処分承認案 85 市税条例の一部改正  
承認
諮問 8 審査請求に対する裁決  
異議なし
諮問 9 審査請求に対する裁決  
異議なし
その他の議案 86 監査委員の選任の同意  

除斥1人

除斥1人
同意
議員提出議案 4 市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定 討論

退席2人
×
×
原案可決
意見書案 22 地方財政の充実・強化を求める意見書案  

退席2人
原案可決
意見書案 23 少人数学級の推進を含む計画的な教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書案  

退席2人
原案可決
決議案 16 一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議案 討論

反対1人
退席2人
×
原案可決
請願・陳情 - 請願の取り下げ(請願第38号)  

退席2人
承認
請願・陳情 - 請願・陳情の閉会中継続審査(請願34件・陳情121件)  

退席2人
決定

※広島創生クラブが欠席
※第68号議案〜第85号議案及び諮問第8号・9号は自民党・保守クラブが1人欠席
※第86号議案、議員提出第4号議案、意見書案第22号・23号、決議案第16号及び請願・陳情は自民党・市民クラブが1人欠席、市政改革ネットワークが1人欠席
※質疑は議案について質疑があったことを、討論は討論があったことを示します。
※議長(自民党・保守クラブ 永田議員)は表決には参加しません。ただし議長不信任決議の表決の際は、議長は除斥となり、仮議長(自民党・市民クラブ 中本議員)が議長の職務を行ったため、仮議長は表決に参加しません。

議決時の会派別所属議員

●自由民主党・市民クラブ(略称 自民党・市民クラブ)  (電話504-2734) 宮崎 山路 木戸 海徳 中本 種清 酒入 佐々木 山田 今田 八條 豊島 森本
●自由民主党・保守クラブ(略称 自民党・保守クラブ)  (電話504-2442) 元田 三宅 森畠 石橋 木島 児玉 金子 永田 谷口 平野 森野
●公明党 (電話504-2445) 渡辺 原 西田 平木 安達 星谷 米津 碓氷
●市政改革・無党派クラブ(略称 市政改革ネットワーク)  (電話504-2616) 竹田 桑田 伊藤 藤田 土井 沖宗 馬庭 定野
●日本共産党 (電話504-2446) 村上 近松 中森 中原 藤井 中石
●市民連合 (電話504-2444) 太田 山内 若林 山本
●広島創生クラブ  (電話504-2227) 碓井
●清流クラブ (電話504-2845) 大野
●桜 (電話504-2811) 八軒
●自民クラブ (電話504-2816) 木山

可決した決議

一般国道2号西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用を求める決議

 一般国道2号西広島バイパスは、広島市と廿日市市を結び、沿線地域の開発と経済の発展に大きく寄与する重要な広域幹線道路である。
 取り分け、西広島バイパス都心部延伸事業は、廿日市市・大竹市・岩国市などの西部方面から広島市の都心部へ向かう交通の渋滞緩和や沿道環境の改善、さらには広島市の中枢性向上に資する重要な事業である。
 この事業については、広島市からの要請により、平成14年度から2年連続でその着手を見送る事態となり、本市議会が平成16年3月に「一般国道2号西広島バイパス都心部延伸の促進を求める決議」により、早期実現に向けて取り組むよう求めたが、広島市は国へ事業の中断を申し入れ、全体4.2キロメートルのうち1.9キロメートルが平成15年に供用開始されたものの、残りの2.3キロメートルについては現在も未整備のままとなっている。
 このため、未だに同バイパスの庚午出口等では県内屈指の渋滞が続いており、それに伴う沿道環境の悪化を放置するばかりでなく、都心の活性化や広島市と圏域の23市町が掲げる、圏域経済の活性化と圏域内人口200万人超の維持を目指す「200万人広島広域都市圏構想」の実現に重大な影響を与えていると言わざるを得ない。
 こうした中、地元経済界においては、本事業が交通渋滞への対応にとどまらず、沿道環境の改善にも資するものであり、さらには物流の効率化や医療施設への円滑な緊急搬送にも寄与し、本市のみならず都市圏全体の活性化に必要不可欠であるとの認識から、昨年12月に「西広島バイパス都心部延伸事業促進協議会」を設立された。
 また、広島市においても、本事業が地域全体の総意によって早期再開・早期完成に向け着実に前進するよう、本年1月には地元経済界と官民一丸となり国への要望活動を行うなど、積極的に早期再開の実現に取り組んでいる。
 さらに、今月には、沿道地域の多くの社会福祉協議会や町内会から、同バイパス高架道路の全線開通を求める要望書が本市議会へ提出されたところであり、事業へ期待する住民の声は大いに高まっている。
 よって、本市議会は、改めて沿道地域や地元経済界が強く望む西広島バイパス都心部延伸事業の早期全線供用の実現に向けて、引き続き全力で取り組まれるよう強く求めるものである。
 以上、決議する。

議会トピックス

広島市議会議員選挙で選挙公報が発行されます
 議会改革推進会議での1年にわたる協議を経て、6月定例会において議員提出議案「広島市議会議員の選挙における選挙公報の発行に関する条例の制定について」が賛成多数で可決されました。
 これにより、来年4月の統一地方選挙(予定)から、選挙管理委員会の発行する選挙公報が新聞折込などによって各世帯に配布され、お住まいの区の各候補者の政策等を一度にご覧いただけるようになります。

永年在職議員に感謝状を贈呈
 全国市議会議長会から、永年在職議員として、次の議員が表彰されました。市議会では、表彰された議員の功績をたたえ、感謝状を贈呈しました。

50年以上在職 中本  弘
40年以上在職 木島  丘
35年以上在職 碓井 法明
15年以上在職 竹田 康律  八條 範彦

編集後記
 このたび、新たな委員で構成する第12期広報委員会が発足しました。市民の皆様に議会情報を分かりやすくお届けするよう委員一丸となって取り組んでまいります。また、このたびの豪雨災害の一日も早い、復旧・復興に努力を傾注する所存です。
委 員 長
 西田  浩 
副委員長
 海徳 裕志
委  員

 森野 貴雅  定野 和広  山本 昌宏
 近松 里子


テレビ広報番組

「ひろしま市民と議会」(平成30年第2回定例会のあらまし)
本会議のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。


放映日
放送局
放映時間(30分間)
8月18日土曜日、
8月19日日曜日
株式会社ちゅピCOMふれあい 午前11時〜 午後4時30分〜
株式会社ちゅピCOMひろしま