平成30年第4回定例会(9月定例会)の議案と議決結果など

○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対

■平成30年9月19日議決分
区分 議案番号 件名 質疑・討論
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・市民クラブ
(13)
自民党・保守クラブ
(11)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(6)
市民連合
(4)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)

(1)
自民クラブ
(1)
決議案 17 議長不信任決議案  
×
×
除斥1人
×

退席3人
×
×
×
×

退席
否決


■平成30年10月2日議決分
区分 議案番号 件名 質疑 討論
会派名 ( )内は所属議員数
議決結果
自民党・市民クラブ
(13)
自民党・保守クラブ
(11)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(6)
市民連合
(4)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)

(1)
自民クラブ
(1)
補正予算案 93 平成30年度一般会計補正予算(第4号)
質疑
討論
原案可決
補正予算案 94 平成30年度母子父子寡婦福祉資金貸付特別会計補正予算(第1号)
原案可決
補正予算案 95 平成30年度後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決
補正予算案 96 平成30年度介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決
補正予算案 97 平成30年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決
補正予算案 98 平成30年度競輪事業特別会計補正予算(第1号)
質疑
討論

反対5人
×
原案可決
補正予算案 99 平成30年度駐車場事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決
補正予算案 100 平成30年度下水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決
条例案 101 都市計画関係手数料条例の一部改正
質疑
討論
原案可決
条例案 102 競輪条例の一部改正
質疑
討論

反対5人
×
原案可決
その他の議案 103 市道の路線の認定
原案可決
その他の議案 104 財産の取得(高規格救急自動車)
原案可決
その他の議案 105 財産の取得(救急用資器材)
原案可決
その他の議案 106 契約の締結

除斥1人
原案可決
その他の議案 109 教育委員会委員の任命の同意
同意
その他の議案 110 人事委員会委員の選任の同意
同意
諮問 10 人権擁護委員候補者の推薦
支障なし
意見書案 24 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書案
原案可決
意見書案 25 平成30年7月5日からの豪雨災害対策に関する意見書案
原案可決
意見書案 26 下水道施設の改築への国費負担の継続に関する意見書案
原案可決
決算認定案等 平成29年度各会計歳入歳出決算
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
決算認定案等 平成29年度水道事業決算
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
決算認定案等 平成29年度下水道事業決算
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
決算認定案等 平成29年度安芸市民病院事業決算
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
決算認定案等 107 平成29年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
決算認定案等 108 平成29年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分
 
閉会中継続審査(決算特別委員会に付託)
請願・陳情 請願・陳情の閉会中継続審査(請願34件・陳情131件)
決定

※広島創生クラブは10月2日の本会議を欠席
※議長(自民党・保守クラブ 永田議員)は表決には参加しません。ただし議長不信任決議案の表決の際は、議長は除斥となり、副議長(自民党・市民クラブ 今田議員)が議長の職務を行ったため、副議長は表決に参加しません。

平成30年第3回臨時会の議案と議決結果など


○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対

■平成30年9月19日議決分
区分 議案番号 件名 質疑 討論
会派名 ( )内は所属議員数
議決結果
自民党・市民クラブ
(13)
自民党・保守クラブ
(11)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(6)
市民連合
(4)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)

(1)
自民クラブ
(1)
補正予算案 87 平成30年度一般会計補正予算(第3号) 質疑 討論

退席
原案可決
補正予算案 88 平成30年度水道事業会計補正予算(第2号)   討論

退席
原案可決
補正予算案 89 平成30年度下水道事業会計補正予算(第2号) 質疑 討論

退席
原案可決
専決処分承認案 90 平成30年度一般会計補正予算(第2号)   討論

退席
承認
専決処分承認案 91 平成30年度水道事業会計補正予算(第1号)   討論

退席
承認
専決処分承認案 92 平成30年度下水道事業会計補正予算(第1号)   討論

退席
承認

※議長(自民党・保守クラブ 永田議員)は表決には参加しません。

議決時の会派別所属議員

●自由民主党・市民クラブ(略称 自民党・市民クラブ)  (電話504-2734) 宮崎 山路 木戸 海徳 中本 種清 酒入 佐々木 山田 今田 八條 豊島 森本
●自由民主党・保守クラブ(略称 自民党・保守クラブ)  (電話504-2442) 元田 三宅 森畠 石橋 木島 児玉 金子 永田 谷口 平野 森野
●公明党 (電話504-2445) 渡辺 原 西田 平木 安達 星谷 米津 碓氷
●市政改革・無党派クラブ(略称 市政改革ネットワーク)  (電話504-2616) 竹田 桑田 伊藤 藤田 土井 沖宗 馬庭 定野
●日本共産党 (電話504-2446) 村上 近松 中森 中原 藤井 中石
●市民連合 (電話504-2444) 太田 山内 若林 山本
●広島創生クラブ  (電話504-2227) 碓井
●清流クラブ (電話504-2845) 大野
●桜 (電話504-2811) 八軒
●自民クラブ (電話504-2816) 木山



9月定例会で可決

可決した意見書のうち災害関連分

平成30年7月5日からの豪雨災害対策に関する意見書
 本市では、平成30年7月5日から8日にかけて、多いところで累計雨量489mmに到達するという記録的な豪雨に襲われ、土石流の発生、崖地の崩落、河川の氾濫などにより、多くの尊い命が奪われました。
 市内各所では、自然崖、人工崖を問わず多くの崖崩れが発生し、こうした崖崩れの被害への対応は、一義的には所有者の責務で行うものとなりますが、民間の力だけで対処することは非常に厳しい状況にあります。
 崩壊した崖をこのまま放置すれば、今後の降雨等により被害が拡大し、第三者に被害が生じるおそれがあることから、二次被害の防止と安全で安心な生活環境を早急に確保する必要があります。
 また、現在、この崖崩れの早期復旧については、被災者から一番多く要望が寄せられており、喫緊の課題となっております。  こうした中、本市では、被災地の生活支援はもとより災害復旧に向け、全力で取り組んでおりますが、一日も早い復旧・復興のためには、国の強力な支援が必要です。
 よって、国会及び政府におかれては、この度の災害が想定を超えた大量かつ長期にわたる降雨により被害が甚大であったことに鑑み、市民の安全・安心の確保のため、被災者の生活再建支援、災害の早期復旧及び災害に強い地域づくりに向け、自然崖、人工崖の区分や被害の大小を問わず、全ての崖崩れについて特別の措置を講じられるよう強く要請します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

編集後記

 議員の様々な質問とその答弁を4ページに凝縮した上で、全世代が読みやすい紙面とする為、細部まで細かくチェックしています。
 市民と皆様に市議会をより身近に感じて頂くため、広報紙の役割は非常に大きいと思っております。より良い紙面とするため、委員会メンバーでこれからも大いに議論して参ります。

委 員 長
 西田  浩 
副委員長
 海徳 裕志
委  員

 森野 貴雅  定野 和広  山本 昌宏
 近松 里子


テレビ広報番組

「ひろしま市民と議会」(平成30年第4回定例会のあらまし)
本会議のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。


放映日
放送局
放映時間(30分間)
11月24日土曜日、
11月25日日曜日
株式会社ちゅピCOMふれあい 午前11時〜 午後4時30分〜
株式会社ちゅピCOMひろしま