ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 環境局 > 環境局 施設部 施設課 > 広島市のごみ焼却炉からダイオキシンが発生する恐れはないのですか(FAQID-3232)

本文

ページ番号:0000013417更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島市のごみ焼却炉からダイオキシンが発生する恐れはないのですか(FAQID-3232)

ダイオキシン類は、低温で焼却する場合、また、断続的に焼却と消火を行う場合に発生しやすいと言われています。

広島市の焼却炉は、850度以上の高温で24時間連続運転を行っているため、ダイオキシン類の発生量は、国の示す基準を下回っています。