ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 障害児・障害者 > 発達障害者就労準備支援事業について

本文

ページ番号:0000004712更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

発達障害者就労準備支援事業について

 広島市では、発達障害のある方が、発達障害者の就労についての理解及び熱意がある協力事業所において実習を行うことにより、職業イメージを持ち、就労に必要な社会性や対人関係能力、体力、持久力、作業能力などを身に付けるとともに、協力事業所の発達障害への理解を深めることを目的として「発達障害者就労準備支援事業」を行っています。

1 対象者

 次のいずれにも該当する方

   〇広島市在住の方
   〇発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)のある方
   〇発達障害について、利用者本人が認識されている方
   〇主治医の同意が得られる方(主治医の意見書が必要です。)
   〇体験実習をすることが適当だと思われる方

2 実習内容等

 店舗や工場などの協力事業所での体験実習(雇用が前提ではありません。)

  • 実習期間は、最大10日間までです。
  • 実習に伴う参加者への賃金や報酬はありません。

※広島市発達障害者支援センターが参加者及び協力事業所等と協議を行い、実習内容・日数・時間などを調整します。
 実習時期は個別に設定します。お申し込みの相談は、下記の問い合わせ先(広島市発達障害者支援センター)で、随時受け付けています。

3 利用料

 無料(ただし、協力事業所へ通うための交通費や昼食代等は、実習参加者の自己負担となります。)

4 問い合わせ先

 広島市発達障害者支援センター

 (広島市東区光町二丁目15-55 広島市こども療育センター内)

  〈電話番号〉 082-568-7328
  〈利用時間〉 午前8時30分~午後5時15分
  〈 休日 〉 土曜日、日曜日、祝日、8月6日、12月29日から1月3日

 ※この事業の利用を希望される場合は、広島市発達障害者支援センターにご相談ください。
  まずは、利用者本人の状況をお聞かせください。