ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 医療政策課 > 薬物に関するお知らせ

本文

ページ番号:0000162193更新日:2020年11月27日更新印刷ページ表示

薬物に関するお知らせ

(目次)
1 ご存知ですか?「植えてはいけないけし」の事
2 危険ドラッグ「買わない」「使わない」「かかわらない」

1 ご存知ですか?「植えてはいけないけし」の事

 けしの中には、麻薬成分を含むため、栽培が禁止されている種類があります。
 けしは、広島市内でも多く自生しています。
 自宅の庭や畑に麻薬成分を含むけしが自生している場合には、 けしを抜き取り、種が落ちないよう袋などに入れて可燃ごみとして処分してください。
 自分の土地以外で麻薬成分を含む自生けしを発見した場合には、その土地の管理者、広島県薬務課(082-513-3221)または広島市保健所(082-241-1585)へ連絡してください。
 けしについて分からないことがありましたら、広島県薬務課(082-513-3221)又は広島市保健所(082-241-1585)にお問い合わせください。

けしの見分け方

 参考資料

2 危険ドラッグ「買わない」「使わない」「かかわらない」

⑴ 違法な「危険ドラッグ」

 危険ドラッグは、一時的に多幸感や高揚感を高めたり、幻覚作用等を起こしたりする製品です。
 「合法」「脱法」などと称し、あたかも安全であるかのように誤解されていますが、違法な物質(指定薬物や麻薬・覚醒剤)これらの薬物と似た作用の成分が含まれていることがあります。
 また、法の規制を逃れるため、ハーブ、お香、アロマ、ビデオクリーナーなどと目的を偽って販売され、一見すると危険だと分からないようになっています。
 危険ドラッグを使用した人が、意識障害やけいれん、呼吸困難などを起こし、最悪の場合は死に至ってしまう事例が報告されているほか、暴れて他人をけがさせたり、自動車を運転して交通事故を引き起こしたりする事件が各地で発生し、重大な社会問題となっています。
 絶対に、「買わない」「使わない」「かかわらない」ようにしましょう

⑵ 危険ドラッグの例

ハーブ危険ドラッグ(アロマオイル) 

 【合法ハーブ】として          【アロマオイル】として      
 危険ドラッグ(バスソルト) 【バスソルト】として    

(厚生労働省ホームページより引用)

 
 参考リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)