ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 医療政策課 > 千田町夜間急病センターにおける整形外科・外科(けが)診療の開始について

本文

ページ番号:0000014661更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

千田町夜間急病センターにおける整形外科・外科(けが)診療の開始について

本市では、千田町夜間急病センターにおいて、従来の内科、眼科に加え、夜間に外傷の軽症患者を受け入れる整形外科・外科(けが)の診療を開始します。

住民の皆さんが、夜に、打ち身、すり傷、切り傷、軽いやけど等のけがをしたときに、どの医療機関に行けばよいのか迷うことなく、安心して受診し、応急処置を受けることができます。

本市では、高齢化の更なる進展により救急医療に対する需要がますます高まることが予想される中、整形外科・外科の救急医療体制において、夜間に多数の軽症患者が救急病院を受診している実態があります。

軽症患者を受け入れる医療機関を整備することで、救急病院における負担を緩和しつつ、重症患者の受入を強化し、救急医療体制の充実・強化を図ります。

なお、広島市内には、千田町夜間急病センター<外部リンク>のほか、可部にも内科の診療を行っている夜間急病センター<外部リンク>があります。夜の急な発熱など、朝まで待つのが不安なときに、予約不要で待ち時間が比較的短く受診できますので、ぜひご利用ください。

  1. 開始年月日 令和元年(2019年)6月3日(月曜日)
  2. 医療機関 広島市医師会千田町夜間急病センター(広島市中区千田町三丁目8番6号)
  3. 診療日 年末年始(12月31日から1月3日まで)を除く毎日
  4. 受付時間 午後7時半から午後10時半まで
  5. 診療体制 整形外科・外科 1診療体制(医師1名、看護師1名)
  6. 診療範囲 打ち身・すり傷・切り傷・軽いやけど等
    ※頭のけがの診療はできないため、「救急相談センター広島広域都市圏(#7119又は082-246-2000)」へお問い合わせください。
  7. 運営主体 広島市医師会(診療所開設者)千田町夜間急病センター

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)