ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 > 介護手当(被爆者死亡後の費用介護手当の申請について)

本文

ページ番号:0000003299更新日:2020年3月17日更新印刷ページ表示

介護手当(被爆者死亡後の費用介護手当の申請について)

 介護手当をはじめとする被爆者援護法に基づく各種手当については、被爆者死亡後の申請はできないこととされていますが、費用介護手当(介護費用を支払っている場合の介護手当)を受給中の方がお亡くなりになったときに限り、次のとおり取り扱います。

  • 費用介護手当を受給中の被爆者が、診断書の省略期間内に死亡された場合、死亡日までに受けられた介護の費用について申請をされていないときは、被爆者の死亡後でも申請ができます。
  • 申請は、相続人の方にしていただきますので、戸籍謄本等の書類が必要です。
  • ご質問・ご相談は、下記の問合せ先にお願いします。

関連情報

介護手当

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 援護係
電話:082-504-2194/Fax:082-504-2257
メールアドレス:gentaiengo@city.hiroshima.lg.jp