ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 原爆被害対策部 援護課 > 被爆二世健康診断のお知らせ

本文

ページ番号:0000104486更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

被爆二世健康診断のお知らせ

原爆被爆者二世の方は健康診断が受診できます。

対象者

 両親又はそのどちらかが原子爆弾被爆者であり、次のいずれかに該当する広島市内に居住する方

  • 広島被爆にあっては昭和21年6月1日以降に生まれた方
  • 長崎被爆にあっては昭和21年6月4日以降に生まれた方

 なお、広島市以外の広島県内に居住する方は、広島県のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

申込・実施期間

 令和元年度被爆二世の健康診断の受付は、令和2年1月31日をもって終了しました。

  • 申込期間:令和元年6月1日(土曜日)から令和2年1月31日(金曜日)(消印有効)まで
  • 実施期間:令和元年6月10日(月曜日)から令和2年2月29日(土曜日)まで
         〔精密検査については、3月10日(火曜日)まで〕

 令和2年度の被爆二世の健康診断は、令和2年6月から実施する予定です。詳細が決定次第、広報誌「市民と市政」及び「広島市ホームページ」にてお知らせします。

 実施期間外に受診をご希望の方は、下記の広島市健康づくりセンターに直接お問い合わせください。

 なお、受診できるのは年度内に1回限りですので、ご注意ください。

 ◎広島市健康づくりセンター(広島原爆障害対策協議会)
  (所在地)広島市中区千田町三丁目8番6号
  (電話) 082-243-2630(健康管理課)

  問合わせは、平日(祝日を除く。)午前9時~午後4時

健診受付時間

平日(祝日を除く。)

午前8時30分~11時50分

午後1時~3時

第2・第4 土曜日
(4月、8月及び祝日を除く。)

午前8時30分~11時30分

第1・第3 日曜日
(4月、8月及び祝日を除く。
ただし、4月19日は受付可。)

検査項目

 健康診断は、一般検査と精密検査によって行われます。

  1. 一般検査
    ア.視診、問診、聴診、打診及び触診による検査
    イ.CRP定量検査
    ウ.血球数計算
    エ.血色素検査
    オ.尿検査(ウロビリノーゲン、蛋白、糖、潜血)
    カ.血圧測定
    キ.医師が必要と認めた場合の肝臓機能検査(AST検査法、ALT検査法、γ-GTP検査法)及び
       ヘモグロビンA1c検査
    ク.多発性骨髄腫検査(希望者のみ受診)
  2. 精密検査
    一般検査の結果、医師が必要と認めた場合に行われます。
    (一般検査と精密検査を同じ日に受診できる医療機関もあります。)

検査費用

 検査費用は無料です(被爆二世健康診断の範囲に含まれない検査は、自己負担となります。)。