ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 精神保健福祉センター 相談課 > 精神障害を持つ方の就労について

本文

ページ番号:0000015549更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

精神障害を持つ方の就労について

精神障害者社会適応訓練事業

 企業に雇用されることが困難な精神障害者を対象に協力事業所での訓練を通じて、集中力、対人関係能力、仕事に対する持久力及び環境適応能力などを養い、社会復帰の促進と社会経済活動への参加の促進を図ることを目的としています。

ハローワーク<外部リンク>(広島労働局)

 精神障害者の就職を容易にするため、専門相談窓口で職業相談、職業紹介、職業訓練の相談などを総合的に行っています。ハローワークの紹介により、原則3ヵ月間試行的に就職しその間に仕事への適性を見極められ、また常用雇用への可能性が拡がるトライアル雇用の制度があります。

障害者職業センター<外部リンク>

 職業相談、職業評価を通して、職業リハビリテーション計画(支援計画)を策定し、就職や職場適応のために必要な支援を行います。基本的な労働習慣の体得や対人技能等の習得を目的とした職業準備支援事業、事業所内で円滑な作業遂行や職場適応を図るためのジョブコーチ支援事業、うつ病等で休職中の方の復職を支援するリワーク事業があります。

広島市精神保健福祉センタートップページへ