ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 人権啓発部 男女共同参画課 > デートDVって、知っていますか?

本文

ページ番号:0000010254更新日:2020年11月25日更新印刷ページ表示

デートDVって、知っていますか?

 デートDV防止啓発リーフレット配偶者や交際相手からの暴力をDV(ドメスティック・バイオレンス)といいますが、このうち、主に10代から20代の若者間で起こる交際相手からの暴力のことを「デートDV」と呼んでいます。

 配偶者間での暴力と同じように「身体的暴力」・「精神的暴力」・「経済的暴力」・「性的暴力」の4類型の暴力があり、「携帯電話の中身を勝手に見て行動を監視・束縛する」「すぐに電話、メールやSNSなどの返信をしないと怒る」など、携帯電話に関連する精神的暴力や、「別れるなら自殺すると脅す」「借りたお金を返さない」「避妊に協力しない」などの暴力も含まれます。

 広島市では、将来のDVに繋がりやすいといわれるデートDVを防止するために、まず、若い人たちにデートDVについて知ってもらい、考えてもらうことを目的としたリーフレットを作成し、市内の高等学校や特別支援学校高等部、専修学校(高等課程)の生徒へ配付しています。また、大学や短期大学、専修学校(専門課程)にも、学生課などでご覧いただけるように送付しています。

もし、あなたが暴力を受けていたら…

 自分を責めないでください。どんな理由であれ、暴力は決して許されるものではなく、暴力を振るうほうに問題があり、あなたが悪いのではありません。
 一人で何とかしようとしたり、我慢したりしないで、家族、先生、友達など、相談しやすい誰かに話してみましょう。専門の相談機関もあり、相談内容の秘密は堅く守られます。
 もし、友達が暴力を受けて悩んでいたら、相談機関のことを教えてあげてください。

ダウンロード

デートDV防止啓発リーフレット [PDFファイル/1.63MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)