ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 認識番号 E13b23-01~02 アオギリ(英名:Chinese parasol tree 学名:Firmiana simplex)

本文

ページ番号:0000009993更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

認識番号 E13b23-01~02 アオギリ(英名:Chinese parasol tree 学名:Firmiana simplex)

アオギリ

爆心地からの距離:1,300m 所在地:広島市中区中島町1 (平和記念公園内)

平和記念資料館の北東側には、爆心地から1,300mで被爆したアオギリが2本あります。
この2本のアオギリは、東白島町の旧広島逓信局の中庭で被爆しましたが、被爆翌年1946年には新芽が生え、人々を勇気づけたといわれています。
1973年に現在の場所に移植されました。この樹木の種子から育った木は、被爆アオギリ2世として世界各地で育てられています。
また、被爆した場所では、当時の病院が被爆建物として保存されています。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp