ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 広島平和記念資料館更新計画

本文

ページ番号:0000009571更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島平和記念資料館更新計画

広島平和記念資料館更新計画

 広島平和記念資料館では、被爆の実相がより一層理解できる資料館をめざして、今後の展示内容の充実を図るとともに、平成18年7月に国の重要文化財の指定を受けた本館建物の整備を行うため、平成19年1月に中長期的な視点に立って方向性を定めた「広島平和記念資料館更新計画」を策定しました。
 計画策定にあたり、有識者等から指導・助言をいただくため「広島平和記念資料館更新計画検討委員会」を設置しました。この検討委員会は、平和、博物館を専門とした学識経験者や、ジャーナリスト、被爆者等の委員16人で構成され、計4回開催しました。
 今後は、この計画をより具体的で詳細なものにするため、展示整備等基本計画を策定します。

関連情報

広島平和記念資料館更新計画検討委員会委員名簿

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ先

広島平和記念資料館学芸担当
電話:082-241-4004/Fax:082-542-7941
メールアドレス:gakugei@pcf.city.hiroshima.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)