ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 40帝国銀行広島支店(広島アンデルセン)

本文

ページ番号:0000009331更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

40帝国銀行広島支店(広島アンデルセン)

原爆被災説明板(帝国銀行広島支店)の写真

原爆被災説明板 --帝国銀行広島支店--

設置場所 : 中区本通7-1
爆心地から約360メートル

この建物は、1925(大正14)年に三井銀行広島支店として建てられました。原爆が投下されたときは、合併により、帝国銀行となっていましたが、猛烈な爆風のため、屋根は抜け落ち、爆心地に近い北西側の壁も崩れ落ちました。戦後修復され、現在はベーカリーとして利用されています。

写真説明:爆心地に面した部分が大きく崩れた帝国銀行広島支店 1945年(昭和20年)8月末 井上直通氏撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp