ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 31中国軍管区司令部 防空作戦室(広島城内)

本文

ページ番号:0000009322更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

31中国軍管区司令部 防空作戦室(広島城内)

原爆被災説明板(中国軍管区司令部地下通信室)の写真

原爆被災説明板
--中国軍管区司令部 防空作戦室--

設置場所 : 中区基町21番1号
爆心地から約790メートル

広島城とその周辺には、多くの軍事施設(中国軍管区司令部など)があり、ここには半地下式の防空作戦室が設けられていた。ここでは、多くの軍人、軍属に混じって、学徒動員された比治山高等女学校の女学生たちも働いていた。
原爆で、市内の電信電話は破壊されたが、かろうじて残ったここの軍事専用電話を使って、女学生が広島の壊滅を通信した。これが、広島の原爆被災の第一報といわれている。

写真説明:被爆後の防空作戦室周辺、 1945年10月 米軍撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp