ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000009321更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

30御幸橋

原爆被災説明板(御幸橋)の写真

原爆被災説明板 --御幸橋--

設置場所 : 中区千田町三丁目地先
爆心地から約2.3キロメートル

1945年(昭和20年)8月6日、午前8時15分広島市の中心部上空約580メートルでさく裂した原子爆弾がもたらした膨大な被害によって、広島市の大半は瞬時に壊滅し、多くの被爆者が救護を求めて南へ、北へと逃れていきました。
この写真は、被爆後3時間を過ぎたこの地点を撮影したものです。爆心地から南南東約2300メートル離れていた、ここ御幸橋西詰めの警察官派出所前には建物疎開作業中に被爆した中学生をはじめ、多くの被爆者が群がり、わずかばかりの応急手当を受けていました。

写真説明:松重美人氏撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp