ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 国際平和推進部 平和推進課 > 26大河国民学校(現・大河小学校)

本文

ページ番号:0000009317更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

26大河国民学校(現・大河小学校)

原爆被災説明板(大河国民学校)の写真

原爆被災説明板 --大河国民学校--

設置場所 : 南区旭一丁目8番1号
爆心地から約3キロメートル

1945(昭和20)年8月6日の原爆時、爆心から離れていたため登校児童などの被害は少なかったが校舎は半壊した。
被爆直後から校舎は被災者の救護所となり各教室・運動場・防空壕などには多数の負傷者がつめかけ、ありあわせの油、医療品で看護が行われた。しかし、死亡者が続出し、運動場では駐屯していた暁部隊の兵士の手で火葬された。

写真説明:救護所になった大河国民学校 撮影・菊池俊吉 1945年10月

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp