ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000009299更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

18縮景園

原爆被災説明板(縮景園)の写真

原爆被災説明板 --縮景園--

設置場所 : 中区上幟町2番11号
爆心地から約1.35キロメートル

この庭園は、1620(元和6)年、広島藩主浅野家の家老上田宗箇により藩主の別邸として設けられました。戦前は市民に「泉邸」の名称で親しまれていましたが、人類史上最初の原爆投下により、このように無残な姿となりました。被爆直後、数多くの被災者がここに避難してきましたが、治療もほとんど受けることができないまま息絶え、その遺体は園内に埋葬されました。

写真説明:縮景園の惨状 1945(昭和20)年10月 松本栄一氏撮影

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831/Fax:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp