ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > スポーツ > 東京オリンピック・パラリンピック > オリンピック聖火リレーの開催方法変更による平和記念公園の立入規制について

本文

ページ番号:0000224987更新日:2021年5月14日更新印刷ページ表示

オリンピック聖火リレーの開催方法変更による平和記念公園の立入規制について

5月17日(月)に県内6市町の走行を予定していた東京2020オリンピック聖火リレーについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、公道での走行中止が発表され、聖火ランナーによる点火セレモニーが平和記念公園内で行われることになりました。
これに伴い、下記の通り平和記念公園内の立入規制を行います。

規制時間:午前10時00分頃 ~ 午後6時30分頃
平和記念公園立入規制エリア

※ 広島平和記念資料館、広島国際会議場、広島市平和記念公園レストハウス、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館は、終日閉館します。

(参考)点火セレモニーについて
     実施日:5月17日(月)(無観客で実施)
  ※ 点火セレモニーに関する詳細などは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページをご覧ください。